彼女を一途に思うあまり愛が重いパンダ系彼氏

そろそろ寝る?

早く隣おいで。
電気消すよ。

(電気を消す)

ねぇ。
今日は、ギューして寝てもいい?

なんかギューしたい気分だから。
イヤだったらしないけど…。

ん。
こっちおいで。

(彼女を抱きしめる)

変だった?
俺が?

いつもと同じだよ?

なんか違うって、どこがどう違うと思うの?

…ふぅーん。
そっか…。

だって、俺が覚えてる限り、君の口から初めて男の名前が出たんだもん。
昼間はあんなかっこいいこと言ったけど、正直おもしろくなかった。
君のお弁当あげないで、「コンビニ行ってくれば?」とか言えばいいじゃんって思った。

…ごめん…。
どうかしてる…。
今まで嫉妬なんてしたことないのに…。

…君が後輩くんに取られるって思って、すごく怖くなった…。

分かってる。
そんなことないって。

でも、ずっと胸がモヤモヤして、不安でいっぱいで…。
今にも押し潰されそう…。

…俺の(もと)から離れないでいてくれるの?
俺、本気にするよ?

ほんとに離れない?
ほんとの、ほんとに?

…ありがと。

(触れるだけのリップ音)

好きすぎて、つらい…。
こんなに好きになったの、君が初めて。

よく君は『私なんか…』って言うけど、あれ、間違ってるからね。

たしかに、世の中には女の子はたくさんいる。
頭いい子とか、綺麗な子とか、料理がうまい子とか…。

でも、君じゃなきゃダメなの。
君だから好きになったんだよ。

もっと自分に自信持っていいよ。
君はかわいいんだから。

大好き。
愛してる。
こんな言葉が軽く感じるくらい、君が好き。

あれ?
なんか嬉しそうじゃない?

そっか…。
君も不安だったんだ。

君のことは、ちゃんと好きだよ。
ごめんね。
普段こういうこと言うの、恥ずかしくて言えなくて…。

…世界で1番、好きだよ。

(濃厚なリップ音)

ヤバ…。
1度「好き」って言ったら、どんどん気持ちが(あふ)れて止まらない。

だって、今までずっと隠してたから。
こんなに好きって思ってるのバレて、『重い』とか言われたら立ち直れないもん。

そんなことないの?

じゃぁさ、君はどれくらい俺のこと好き?

ふふ。
同じ気持ちでいてくれて嬉しい。
俺たち、似た者同士だね。

…それなら、もう俺の物にしちゃっていい?

もう絶対離してあげない。
『別れて』って言われても、別れてあげない。
ずっと、ずっと死ぬまで、一緒だからね?

…約束のキス……しよ。

(濃厚なリップ音) ※ キスのまま、フェードアウトしてください。