鈴鳴れん
voice:鈴鳴れん

歯磨きが苦手な彼氏が彼女に歯磨きをしてもらう

(テレビを見ている)

ん?
何?

歯磨はみがき?
あぁ…まだしてない…。

これ、見て終わったらするよ。

ちょっと!
何でテレビ消すの!
今いいところだったのに…。

ひざポンポン叩いて、どうしたの?

膝枕ひざまくらしてくれるの?
どうして?

…っていうか、何で俺のハブラシ持ってるの?

歯磨はみがきしてあげる』?

いや、いや、いや、いや。
自分でやるから、いい。

子供じゃないから。
それくらい自分でできるから。

だから、俺のハブラシ返して。
ね?
お願い。

(拗ねた感じで)
どうして返してくれないの?

綺麗きれいみがけてないから』?
そんなことないよ。
ちゃんとみがけてるもん。

この間、歯医者さん行った時『みがのこしがあります』とは言われたけど…。
あの時はたまたまみがけてなかっただけ。

それに、その時、ちゃんとみがかた教えてもらったし。

教えてもらったみがかたで毎日ちゃんとみがいてるよ。

だから、大丈夫だよ。
君に歯磨はみがきしてもらわなくても。

歯磨はみがきくらい自分でできるから。
ハブラシ、返して!

『素直に歯磨はみがきされなさい』って…。
なになんでも君に歯磨はみがきしてもらわないと俺は解放されないの?

(溜息)はぁ…。
仕方ない…。

今回だけだからね!
次は絶対ないからね!

…お邪魔します。

(膝枕してもらって歯磨きされる)

【歯磨きの音】

【口をゆすぐ音】

うわ…歯、ツルツル…。
口の中、自分でみがいたのと、全然違う感じ。

自分でみがいても、ツルツルになるんだけど、なんか違う感じがする。
人にみがいてもらったからかな?

誰かに歯磨はみがきしてもらったのなんて、幼稚園以来だなぁ…。
あの頃は、母さんにみがいてもらってたんだ。

小学生になってからは歯磨はみがきしてもらうのは卒業したけど、まさか大人になって歯磨はみがきしてもらう日が来るなんて思ってもみなかった。

自分の口の中じゃないみたい。
不思議な感覚。

…ねぇ、チューしたい。
せっかく君にみがいてもらったから、おれいにチューしたい。
ダメ?

歯磨はみがきしてくれて、ありがと。

(リップ音)

(耳元で)
今日みたいに時間があったらまた歯磨はみがきしてね。
新しい性癖せいへきとびらひらいた責任、取ってね。