あまりにそっけなくて不安になった彼女を自分なりになだめるツンデレ彼氏

(男友達から電話がかかってくる)

【スマホの着信音】

お~、どうした?

飲み会?
行く!行く!

何時から?
もうやってるの!?
もっと早い時間に連絡してこいよ。

いつもの店?
了解!
じゃぁ、また後で。

(電話を切る)

あっ、俺 晩飯ばんめしいらない。
今飲み会に誘われたから行ってくる。

『もう作っちゃったじゃん!』って、怒られても仕方ないじゃん。
今連絡来たんだから。

帰りの時間?
…そんなに遅くならないように帰ってくるつもりだけど、分かんねぇよ。
時間なんか気にして飲んでたら、うまい酒も不味まずくなるだろ。
それくらい、かれよ…。

じゃぁ、行ってくる。

【玄関ドアの開閉音】

(間を開ける)

【玄関ドアの開閉音】

(小声で)
ただいまぁ~。

こんな時間まで飲んでたからさすがに寝てるか…。

【電気のスイッチを押す音】

えっ…まだ起きてたの?
もう日付変わる時間だけど…。

お前、明日も仕事だって言ってなかったっけ?

それなら早く寝ろよ。

俺、明日休みだから別に夜更よふかししても大丈夫だし。

……暗い顔してどうした?
俺がいない間に何かあった?

はぁ!?
『俺がお前にきたんじゃないか?』って…。
何それ…。

何がどうなれば、そんな思考しこうになるんだか…。
俺にはさっぱり理解できないわ…。

『そういうところ』って、どういうところ?

…『冷たい態度とか言い方』?
これは出会った時からずっとじゃん。
変わってないじゃん。
逆に、今更いまさらすぎるだろ。

『最初から私に興味なかったでしょ』?

…お前、それ本気で言ってる?

そんなわけないだろ…。
いい加減かげんにしないと怒るぞ?

俺がお前に、いつ『きた』って言った?
言ったことないよな?

いつ『最初から興味ない』って言った?
言ったことないよな?

そもそも、俺、お前のこと、ちゃんと好きだわ。
俺が好きじゃないやつと付き合うわけないって、お前が一番よく知ってるはずじゃん。

……なぁ。
俺たちの最初の出会い覚えてるか?

合コンだったの、覚えてる?

俺は行きたくもないのに、数合かずあわせで無理矢理参加させられて。
いくら嫌々いやいやでも、その場の空気ってあるじゃん?
『空気悪くならないようにしないと…』って、外面そとづらよくして、笑ったり、話合わせたりしてた。

女子側にも俺と同じようなやつがいて。
そいつは嫌々いやいやって感じを態度に出したまま、離れたところで一人で酒 あおってて。
それがお前。
すげぇハイペースでグラスけてたの、今でも鮮明せんめいに覚えてる。

俺がトイレに立った時、ちょうどお前とトイレの前で鉢合はちあわせになって。
あの時、お前、俺に言った言葉覚えてる?

外面そとづらばっかよくて、気持ち悪い』って言ったんだぜ?

俺が外面そとづらよくしてることに、あの場にいた誰も気づいてなかったのに、お前にバレてたのがすごい恥ずかしくて。
でも、それと同時にすげぇ嬉しかった。
『こいつは、ちゃんと俺を見てくれてるんだ』って思ったから。

で、そのあと、お前 つぶれて、ぐっすり夢の中じゃん?
誰も引き取ろうとしないから、とりあえず俺が自分の家まで連れて帰ったってわけ。

そのあとは覚えてるだろ?
翌朝起きたお前にこくって、られて…。

ちなみに、俺、人生でこくったのも、られたのも、お前が初めてだから。
見事にってくれたよなぁ。
『あなたなんか嫌いです!』ってハッキリ言われたの初めてだった。

逆にそれで火がついて、あれこれ作戦 って、ようやくお前を手に入れたんだぜ?
そんな俺がお前にきる?
お前のことが好きじゃない?

…ありねぇ。
さっきも言ったけど、お前のことちゃんと好きだし。

ん。これ。
ほら、受け取れよ。

晩飯ばんめし作ってくれたのに、飲み会行って無駄むだにしたから……びの品。
お前が好きなプリン、買ってきた。

(彼女に聞こえないくらい小声で)
好きじゃなきゃこのみとか覚えてねぇよ。

何も言ってねぇよ。
悪いと思ってなきゃ買ってこねぇから。
ありがたく受け取っとけ。

う?
明日 う?

今ね。
じゃぁ、冷えてるうちにさっさとっちまえ。

『はい』って……何?
えって?

一人でえよ。
お前のために買ってきたんだから。

『おすそけ』って…。

あ゛ぁ゛~、もう!
分かったよ!

あ~ん。

……美味うまいな、このプリン。
お前が好きなだけあるわ。
また今度買ってくる。

…ごめんな。
不安にさせて。

もう夜も遅いし、寝よう。
早く寝ないと朝起きれなくなるぞ?

今日は特別に腕枕してやる。
ずっとさみしい思いさせてたから、今夜はいっぱい甘えさせてやるよ。

(リップ音)