【女性向けボイス】初瀬くん
voice:【女性向けボイス】初瀬くん
iのシチュボCh.
voice:iのシチュボCh.

彼女からキスしてもらうことを夢見てた高身長年下彼氏

【教室のドアを開ける音】

先輩、遅くなってごめんなさい。

顧問こもんがもうすぐ大会だからって張り切っちゃって…。
いそいで着替えてきたんだけど、随分ずいぶん待たせましたよね?

『問題集 いてたからちょうどよかった』って言っても、1時間は待たせちゃったでしょ?

びに何かできることありませんか?
俺にできることなら何でもしますよ。

『ジュース買ってきて』でも、『アイスおごって』でも、なんでもいいですよ。

…『チューしたい』?

いいですよ。

じゃぁ、先輩、立ってください。
…ここに立って。

で、俺が先輩の椅子いすに座る。

ふふ。
俺が先輩を見上げるのって、なんかいいですね。
新鮮しんせんっていうか、あまえたくなっちゃう。

ごめんなさい。
一人で楽しんじゃってますね。

(気を取り直して)
じゃぁ、チューしてください。

『なんで?』って、先輩が言い出したんですよ。
『チューして』じゃなくて、『チューしたい』って。

俺は目 じて待ってますから。
先輩のタイミングでチューして。

(目を閉じる)

(少し間を開ける)

先輩?
まだですか?

(目を開ける)

先輩?

真っ赤な顔…。
恥ずかしいですか?

普段はリードしてくれる先輩も、こういうことになると弱いですよね。
ギャップがかわいくて、たまらないですけど。

…俺からチューしてもいいですか?

…先輩少しかがんで、目、じて。

(リップ音)

交代こうたいでチューしましょ。
そしたら、そんなに恥ずかしくないでしょ?

次は先輩の番ですよ。

(リップ音)

次は俺の番。

(リップ音)

先輩の番。

(リップ音)

俺の番。

(舌絡めるリップ音) ※長めでお願いします

おっと…こしけちゃいました?
俺のひざの上に座っていいですよ。

全然重くないですよ。
むしろ、ちゃんとご飯食べてるか心配になるくらい、めちゃくちゃ軽いです。

(まじめな感じで)
ねぇ、先輩。
ちょっと恥ずかしい話、してもいいですか?

俺、背高いから、いつもチューするがわだったんです。
もとカノたちからも『チューして』って言われることしかなくて。

先輩のあしを取るようなこと言っちゃったけど……実は、ずっと夢があったんです。

彼女から『チューしたい』って言われて、チューしてもらうこと、です。

で、先輩が俺の夢をかなえてくれたんです。

先輩からチューしてもらって、今、めちゃくちゃドキドキしてるんです。

手、して。
俺の心臓、さわってみて。

ね。ドキドキしてるでしょ?
こんなにドキドキさせられたの、先輩が初めて。

先輩もドキドキしました?

本当に?

さわってみる?』って、そんなこと、学校ではできません。
さわっちゃったら、きっと我慢できなくなっちゃうから…。

さわる代わりに、ギューさせてください。

(彼女を抱きしめる)

先輩、俺の夢をかなえてくれて、ありがとうございます。
マジで嬉しいです。

先輩、大好きです。

(リップ音)