彼女の膝枕で寝たい年下彼氏

やっと終わったぁ~。

マジで疲れたぁ…。
もう動けない…。

(匂いを嗅ぐ)すんすん

コーヒー、()れてくれてる?
ちょうど飲みたいなぁって思ってたところだったんだ。

ドリップしてくれてるの?

わざわざありがとう。

【テーブルにコップを置く音】

疲れてるから甘めにしてくれたんだ。
ミルクまで入れてくれて…。
僕の彼女は優しくて()()くなぁ。

ほんと、ありがとね。

いただきます。

(コーヒーを飲む)ゴクン

おいしい~!
君が()れてくれたコーヒーって、いつもおいしいよね。

ん?
いつもの味とちょっと違うような…。

……豆、変えた?

やっぱり!
『いつもはインスタントで、今日はドリップだから違うのかな』って思ったんだけどね。

この間買ってきたって言ってたやつ?

へぇ。
この味、好きかも。

こうやって時間がある時、また一緒に飲もうよ。

ね?
いいでしょ?

あんまりうまくないけど、次は僕が()れてあげるからさ。

…ダメ?

やった!
約束ね。

(あくび)ふぁ…。

ごめん。
自分でも思った以上に疲れてるみたい。

買い物には付き合うよ。
だって、約束したじゃん。
『一緒に行こうね』って。

でも、一緒にお買い物行く前に少しだけ(仮眠かみん)()らせて?

ん~と……15分でいいから。
15分()ったら起こしてくれていいから。

ちょっとだけ寝かせて?

(ワガママ言う感じで)
アラームセットしても起きられない。
僕って、めちゃくちゃ疲れてるとアラームで起きないじゃん?
今それくらい(ねむ)いの。
君と一緒に買い物行きたいから、起こして?

ありがと。

あと、もう一つ頼み事してもいい?

…君に膝枕してほしいんだけど。

君の膝枕、気持ちいいから好きなの。
最近してもらえてないから、久々にしてもらいたいなぁって思って…。

…お願い!

やったぁ~。
お邪魔しまぁ~す。

(溜息)はぁ…。
やっぱり君の膝枕、好き。
すごく気持ちいい。

(以下、少しずつ眠るような感じで)
太ももの(かた)さも高さも僕好みで、(あたた)かくて、スベスベしてて。
ずっとこのままでいたい…。

なでなで、してくれるの?

ふふ。
君に、()でられるの、好き。
気持ちいいんだもん。

絶対起こしてね?
ちゃんと起きるから。

『あと5分』とか、ワガママ言わないよ。
だって、僕、いい子だし。

だから、頭、()でてて。
僕が寝ても()でててね?

ふふ。
幸せ…。

………おやすみ。

(寝息)すぅ…すぅ…