iのシチュボCh.
voice:iのシチュボCh.

人工的な匂いが苦手な彼女を介抱する彼氏

(2人で電車に乗っている)

うわっ…今日、人多いな…。
この時間帯にしては珍しく満員電車だし…。

こっち来い。
俺と場所変われ。
いいから。

ドアに背中つけて立ってろよ。

(彼女に肘ドンしてる)
(以下、全て小声で)

俺の腕の中で大人しくしてろよ。

これだけ混んでるから、お前辛つらいだろ?

『何が?』って、バレてないと思ってるのかよ。
顔、真っ青。

こんだけ人がいるからいろんなにおいが混じってて、つらいんだろ?
頭髪料とうはつりょうやら香水やら制汗剤せいかんざいやら…。

ひとひとつはいいにおいでも、混じるとくさくなるからな…。
俺もちょっといそう…。

俺ですら、こんななんだから、お前はもっとつらいだろ?
やせ我慢しなくていいから。

素直に言ってみ?
つらいんだろ?

ん、それでいい。
ほら、俺の胸に顔くっつけとけ。

メイクが付くとか気にしなくていいから。
洗えばいいことなんだから。
今は俺のことより自分のこと考えろって。

いいから、ほら!

(彼女の頭を自分の胸にくっつける)

ゆっくり深呼吸して。

吸って。

吐いて。

もう一回、吸って。

吐いて。

こっち向いて?

…まだ青い顔してるけど、少し良くなったかな。
どう?まだつらい?

くまで、このまま俺のにおいどけ。
そしたら少しはマシだろ?

…本当に、お前、俺のにおい好きだな。

前にもお前気持ち悪くなった時、俺のにおいでたら、少し気分良くなったって言ってたじゃん。
そんなに俺っていいにおいなのか?

(自分の匂いを嗅ぐ)

ん~、自分じゃ全然分からんな…。

あっ!
お前に謝っとかなきゃいけないわ。

今日ずっと歩いてたから汗臭あせくさいかも…。
今更いまさらだけど、ごめんな。

それもいいにおい?

(笑いながら)
…お前、変態すぎない?
汗臭あせくさいのもいいにおいとかヤバくない?
そんなやつだと思わなかったわ。

青い顔しながら怒っても全然怖くないし。

(以下、真面目な感じで)
ごめん。
揶揄からかいすぎた。

つらいのに、マジでごめんな。
今はお前の全神経を俺に集中させろ。
俺がお前をつらい思いから解放してやるから。

もう少しの辛抱しんぼうだからな。
がんばれ。