家守ふみ の 遊び部屋
voice:家守ふみ の 遊び部屋
どら置き場
voice:どら置き場

コロナだと思って心配してたけど、検査したらただのインフルエンザで安心した内科医彼氏

次の人どうぞ~

【診察室のドアが開く音】

あとは僕がするから、君は下がって。

(看護師を下がらせる)

一人で来れたんだね。
つらいのによくがんばったね。

ちゃんとタクシー使った?

僕の言うこと守れて、えらい、えらい。

ベッドに横になって。
椅子いすに座るよりも、その方が楽でしょ?

(彼女が診察ベッドに横になる)

じゃぁ、体温計入れて。
熱がはかれるまで問診もんしんさせてね。

だるい感じする?
…まだするんだね。

関節痛は?
…少し痛む程度でだいぶ楽になったんだ。

せきも今朝してたけど、のど痛かったりする?
…痛いんだね。

口、開けられる?
……のど、真っ赤にれてる。
これ、相当そうとう痛いでしょ。

【体温が測れた音】

熱、はかれたね。
体温計、貸して?

熱は……38℃えてるか。
でも、昨日よりは下がったね。

この間、『買い物に行くんだ』って人混ひとごみに行ったでしょ?
もしかしたら、コロナじゃないかなって思ってさ…。

『違う!』って君は否定するけど、今は感染してるけど無症状むしょうじょうの人だっているんだから、どこでもらってくるか分かんないんだよ?
僕の制止せいしって買い物に行ったばつだよ…。

とりあえず、コロナの検査の前にインフルエンザの検査してみよう。
君の症状、インフルエンザの症状に似てるから、一応検査してみよう。

まだインフルエンザにかかる人いるんだから。
あたたかくなったからって油断しちゃダメなんだよ。

ちょっとつらい検査だけど、我慢がまんしてね。

(少し間を開ける)

…はい、終わり。
ごめんね。

結果出るまで3分かかるから少し寝てていいよ。
結果が出たら起こしてあげるから。

(少し間を開ける)

起きて。
結果、出たよ。

君の病名はインフルエンザです。

…よかったぁ。
『もしもインフルエンザの結果が陰性だったら…』、『もしかしたら本当にコロナなのかも…』、『入院するなら…』って、最悪のことばかり考えてたんだよ。
この結果が出るまでじゃなかったんだから。

『ふふふ』って…。
笑い事じゃありません!

ったく…。
今回はインフルエンザだったからよかったものの、もし、本当にコロナだったらどうするの?
病室でずっと一人なんだよ?
僕らは、お見舞みまいもさせてもらえないんだよ。
なおるまでずっと一人ぼっちなんだよ。
えられる?

無理だよね。
僕だって無理だよ。

いつも君が隣にいるのが当たり前になってるのに、急に一人になるなんて考えられない。
というか、考えたくない。
……あの家に一人なんて、寂しいよ。

だから、本当にホッとしてる。
『コロナじゃなくてよかった』って。

もう僕にこんな心配かけさせないで。
こんなの、心臓がいくつあってもりないよ。

お願いだから、次からは僕の言うこと、ちゃんと聞いて?
いい?

ん、いい子だね。

そういえば、ご飯、食べられるようになった?
調子悪いって言いだしてあんまりご飯食べてる感じしてなかったけど…。

…あんまり食べられてないんだ。
それなら、今日は点滴てんてきして帰ろうね。
本当はちゃんとご飯食べてくれる方がいいんだけど、食べられそうにないなら、無理に食べなくてもいいよ。

食べられそうになったら、僕特製のおかゆ、作ってあげる。
君に料理してあげるの、初めてだよね。
いつも仕事が忙しいって言って、君にまかせっきりだったから…。
ごめんね。

だからというわけではないんだけど、明日1日休みにしてもらったんだ。
というか、君が心配すぎて、今朝のうちに休みを無理矢理取ったの。

それくらい君のことが心配で、大好きなんだって、理解してください?
いいですか?

明日はずっと一緒にいてあげる。
1日中、ずっと君の側にいるから。
僕にしてほしいこと、何でも言ってね?
遠慮えんりょはダメだよ?
これは『僕の言う事を聞かなくて、僕にめちゃくちゃ心配をかけたばつ』なんだからね。
分かった?
…分かったら、返事。

ん、いい子。
じゃぁ、点滴てんてきしてもらったら、一緒に帰ろうか。
僕の今日の仕事は君をたら終わりなんだよ。

いっぱい君を心配したご褒美ほうびとして、今からずっと君をひとめさせてもらうからね。
いっぱい君の世話焼いてあげるから、覚悟してて。