彼女の大切な日を把握し忘れていた年上彼氏

(背伸びしてる感じで)んんーっ!終わったーっ!

待たせてごめんね。
せっかく来てくれたのに、急に仕事しないといけなくなって…。

とりあえず仕事の方は、ひと段落ついた感じ。
もう大丈夫だと思う。

(かり)に何か言われたとしても、後回しにするからいいよ。
もう仕事の時間は終わり。
これからの時間は、君と過ごすために使うの。

さてと……デート行く準備しよっかな。
悪いけど、もう少しだけ待っててもらっていい?
すぐ()ませるから。

(※デート行く準備をしながら)

ねぇ、家来た時からずっと気になってたんだけど、やけに嬉しそうじゃん?
何か、いいことでもあった?

何もなくないでしょ。
すっごくニヤニヤしてる。

なーに?
気になるんだけど。
教えてよ。

『今日は何の日でしょう』…?

んー?
俺たちが出会った日?

…じゃないんだ。

付き合い始めた日ではないから……初めてキスした日とか?

…それでも、ないの!?

全然分かんないんだけど…。
ヒントちょうだい!
ヒント!

『君に関すること』?

んー?
何だろう?

あっ!!
……まさかとは思うけど、誕生日だったり…?

はぁ!?
嘘っ!?
ほんとに!?

うわっ…最悪…。

そりゃそうでしょ。
プレゼントとかケーキとか、何も用意してないもん。

そういう大事なことは、もっと早く言ってよ…。
まぁ、聞かなかった俺も悪いんだけど…。

なんで、まだ嬉しそうなの?
自分の誕生日、祝ってもらえなかったかもしれないんだよ?

『大成功!』って……あのねぇ…。
(前々まえまえ)から今の、計画してたの?

(溜息)はぁ…。
そういう子供みたいなことしなくていいから。

っていうか、なんで自分の誕生日、内緒にしてたの?
普通、聞かれるより先に教えたりしない?

(笑いながら)余裕ある感じがズルいって思ってたんだ。

ごめん。
バカにしてるわけじゃなくて、君の目にはそういうふうに見えてたんだって思えて、嬉しくて…。

あのね、余裕あるわけないでしょ。
いつも必死なの。
余裕あるように見えてたのは、そう見せてたから。
君と一緒にいるだけで、すっごくドキドキしてるんだよ。

嘘じゃないって。
ほんと、ほんと!

手貸して。

ほらね?
ドキドキしてるでしょ。

俺さ、一応、君より年上じゃん?
大人の余裕というか、落ち着いた感じ?
何に対しても冷静、みたいな。
そういうところでかっこよさをアピールしたかったんだよ。

年上なのに(あせ)ってたりしたら、かっこ悪いでしょ?

そんなことないの?
ほんとに?
実際見たら、がっかりしちゃうかもよ?

まぁ、とにかく!
君には、かっこいい俺を見ててほしいの。

とは言っても、かっこ悪いところ見せちゃったようなもんだよね…。
あぁ……なんで聞くの忘れてたんだろ…俺…。

(※デートの準備、完了する)

よしっ、準備できた。

ねぇ、今から一緒にプレゼント買いに行こ?
サプライズにならなかったけど、君の欲しい物、一緒に選びたい。

えっ…いらないの?
遠慮しなくていいんだよ?
誕生日なんだから、今日くらいワガママ言ったっていいんだよ。

俺の焦ってる様子がプレゼント!?

…今すぐ記憶から消して。
恥ずかしいから…。

ふぅーん。
『ヤダ』とか言っちゃうんだ…。

(触れるだけのリップ音)

(すき)あり。

俺に勝ったつもりでいるのかもしれないけど、まだまだ甘いね。
(すき)だらけ。

キス1つでこんなに(とろ)けた顔しちゃうんだもん。

…キス……もっと欲しい?
欲しかったら、かわいくおねだりしてごらん。

ふふ。
上手にできました。

(濃厚なリップ音)

キスしかしてないのに、顔真っ赤。
ほんと、キス好きだよね。

プレゼントは次会うまでに用意しとくから。
今は、このキスがプレゼントってことで、許して?

改めて……誕生日、おめでとう。
大好きだよ。