七夕に雨が降る本当の理由

朝から、何やってんの?
なんか作ってるっぽいけど…。

……てるてる坊主?
こんなに、たくさん作って…。

どこか出かける用事でもあるの?

ないなら、こんなにたくさん作る必要なくない?
(十分じゅうぶん)()りるでしょ。
もうやめよ?

『ダメ』って……なんで?

『七夕を晴れにするため』?

そっか…。
もうすぐ七夕か…。

(笑いながら)最近忙しくて、日付感覚なくなってた。

七夕って、織姫と彦星が1年に1度会える日だよね。
確か、雨が降ると天の川の(水嵩みずかさ)()して会えないんだっけ?

だから、雨が降らないようにするために、こんなにたくさんてるてる坊主を作ってるんだ…。

ふふ。
かわいいなぁ。

ねぇ、後ろからギューしていい?
だって、ギューしたくなっちゃったんだもん。

ね?お願い。
邪魔しないから。

ありがと。

(彼女をバックハグする)

(少し間を開ける)

(スマホを操作する音)

(小声で)へぇー。
そうなんだ。

ん?
あぁ、今の(ひと)(ごと)
七夕の言い(つた)えも、地域によって変わるらしいよ。
君の言ってた、雨が降ると2人は会えないっていうところもあれば、雨が降っても会えるっていうところもあるんだって。
今、気になって調べちゃった。

俺の地元?
どうだったかな…。
たぶん、君と一緒だったと思う。
そういうの聞いたのって、子供の頃だから、もう忘れちゃった。

だけど、俺は雨が降っても会えると思うな。

さて、どうしてでしょうか?

……分かんない?
じゃぁ、いきなりだけど、ここでクイズです。

雨雲の上には何があるでしょう?

(3秒くらい待つ)

はい、時間切れ。

考える時間、短くないよ。
想像したらすぐ答え分かるじゃん。

もう少し時間ほしいの?
そしたら、分かる?

じゃぁ、いいよ。
あと10秒ね。

(10秒待つ)

答え、分かった?

分かんなかったの?
待ってあげたのに?

ふふ。
ごめん、ごめん。
ほっぺ、プクーってして怒ってもかわいいだけだよ。

答えは、青空が広がってるんだよ。

飛行機に乗ってるのを想像すれば分かりやすいかな。
地上を飛び立って、雲を抜けたら青空が広がってるでしょ。

飛行機が飛んでる高さって、地上から1万メートルくらいのところで、雨雲ができる高さって、だいたい4000メートルくらい。
雨雲ができる高さを超えても雲はできるけど、それは雨を降らせる雲じゃないから、青空しかないんだよ。
だから、地上では雨が降ってても、雲の上ではずっと晴れてるから、毎年織姫と彦星は会ってる。

じゃぁ、どうして毎年のように七夕に雨が降るのか。
それは簡単。

…こっち向いて。

(触れるだけのリップ音)

織り姫が恥ずかしがり屋だから。
今の俺たちみたいにイチャイチャしてるのを、誰かに見られたくないから。

君だって、イチャイチャしてるの、誰かに見られるのは恥ずかしいでしょ。
それと同じ。

せっかく彦星と会えても、誰かに見られてると思ったら、あんまりイチャイチャできないじゃん。
彦星だって男だし、大好きな織姫と会えたら、キスしたいし、その先のことだってしたいって思ってるはず。
2人きりになって、思いっきりイチャイチャするためには、雨雲で目隠しして、地上に雨を降らせちゃえば、手っ取り早いでしょ。
いわば、雨雲は自然のカーテンなんだよ。

きっと今年も会えない時間を埋めるように、いっぱいイチャイチャするんじゃない?

(スマホを操作する)

ほら、スマホ見て。
大雨の予報になってる。

そんなに落ち込まないでよ。
せっかく作ったてるてる坊主は、別の機会に役立つって。

デートする時とか、旅行行く時とか、雨が降ったら困る時に使おうよ。
ね?
だから、あとで一緒に片付けよ?

”今”じゃなくて、”あとで”でいいの。

…ごめん。
邪魔しないって言ったけど、もう待てない。

全然俺に構ってくれなかったじゃん。
久しぶりに会えて、朝からいっぱいイチャイチャしたいのに、ずっと待たされてさ…。
限界、とっくに超えてるんだけど。

うるさい……黙って。

(濃厚なリップ音) ※少し長めにお願いします。

待たされた分、優しくなんかしてあげないよ。

ここからは俺たちの時間なんだから…。
……もう誰にも邪魔させない。

(濃厚なリップ音) ※キスのままフェードアウトしてください。