苦手だったはずの家事を知らない間に克服していた年下彼氏

おはよ…。

(あくび)ふぁ…。
ん゛ん゛…。
眠い…。

(クンクンする)

いい匂い…。
朝ご飯、何?

俺の好きな物ばっかじゃん。
いつも、おいしいご飯作ってくれてありがと。

(触れるだけのリップ音)

(彼女を抱きしめる)

あれ?
ねぇ、体熱くない?
どことなく顔色悪いような気がするし…。

おでこ、触るよ?

うわっ…。
熱あるじゃん。

朝ご飯はいいから、ベッド行こ?
このままだと、もっと悪くなっちゃうよ?

俺にはいつも『無理しちゃダメでしょ!』って怒るくせに、なんで自分は無理しちゃうの?
俺に無理するなって言うなら、君自身も無理しちゃダメじゃない?

俺の言うこと聞いて。
お願いだから。
倒れて、頭打ったら大変だから言ってるの。

……ねぇ、俺の話、聞いてる?

ボォーっとしてて、全然聞いてなかったでしょ?
目の焦点合ってないよ。

どんなに『大丈夫』って言っても、嘘にしか聞こえない。
少しくらい甘えてって、いつも言ってるよね?
つらい時でさえ、こんなに強がっちゃうくらいに、俺って頼りない存在?

今だけでいいから、俺に甘えてよ。
ね?

抱っこ?
いいよ。

おっと…危な…。
足元フラフラじゃん…。
立ってるのも、やっとだったの?
気付かなくて、ごめんね。

いっぱいがんばって、えらいね。
もうがんばらなくていいよ。

俺の首に腕回して。

ん、そう。
上手、上手。
お姫様抱っこでベッドまで連れてってあげる。

首に回してる腕、離しちゃダメだよ。
そのまましっかりくっついててね。

(リビングからベッドルームに移動)

よいしょ…っと…。
お布団に入って。

今、どんな感じ?
頭がボォーっとする以外で。

『分かんない』?

えっ!?
なんで泣いてるの!?
ちょっ…待って…。
泣かないで。

(彼女を抱きしめる)

(背中トントンしながら)落ち着くまでギューってしてるから。大丈夫だよ。

(独り言っぽく)最近忙しくて、いろいろ溜め込みすぎたのかな…?

ん?
どうしたの?
何か言いたいことあるなら、言っていいよ。

(相槌数回打つ)

家事なら、俺に任せて。
ちゃんとやっとくから。

卵も割れるようになったし、掃除機も(隅々すみずみ)までかけられるようになったし、洗濯も洗剤をちゃんと(はか)って入れてるし…。
もう昔の俺とは違うんだよ。

君が知ってる俺って、同棲始めた頃でしょ?
あの頃って、料理全然できなかったよね。
まともに卵も割ることすらできなくてさ…。
(にぎ)(つぶ)してたようなもんだったし…。
今思い出しても、あれは(ひど)かったと思う…。

そんな俺が今では片手で卵割れるようになったんだよ。
君がいない間にちょっとずつ練習してたら、できるようになったんだ。
すごくない?

ほんとにできるって。
信じてないね?
なら、今度見せてあげる。
びっくりして、腰抜かしても知らないから。

掃除は、今も家事の中では1番嫌いかも…。
だって、めんどくさいじゃん。
綺麗にするのは大事だと思うけど、物を動かして掃除機かけなきゃいけないのがね…。
どうしても、目につくところだけ綺麗にしてればいいじゃん、って思っちゃう…。

でも、ちゃんとやってるよ!
(隅々すみずみ)まで。
元気になったら、確認してくれてもいいよ。

洗濯は……1番君に迷惑をかけたよね。
床一面、泡だらけにして…。
あの時の掃除は、ほんとに大変だったなぁ…。
洗剤を(はか)るってことを、まず知らなかったし…。
たくさん入れたら綺麗になるだろうって思ってたから。

あれ以来、ちゃんと(はか)ってるよ。
その証拠に、床を泡だらけにしてないでしょ?

他にもちょっとずつできることは増えたけど、君に比べたら、まだまだなのは分かってる。
だから、俺決めたんだ。

ひとつ、無理して背伸びしない。
ふたつ、自分にできることだけ精一杯やる。
みっつ、できないことは君に任せる。

コレ、今までの失敗から学んだこと。
ずっと『君に迷惑かけないように』って、できないことも無理してやってた。
でも、それが結局君に迷惑かけることになるって気付いたから。
やれないことを無理してやって失敗するより、やれることを精一杯やっておく方が正解かなって。

だから、お互いやれることを精一杯やろ?
家のことは俺に任せて。
君はちゃんと休んで体を治すことに専念して。
ね?

うん。
絶対無理しない。

…約束。

安心したら眠くなったかな?
目がトロンってしてる。

お布団に入って。
寝付くまでそばにいるよ。

いっぱいお話して疲れさせちゃってごめんね。
ゆっくり休んで早く元気になって。

(触れるだけのリップ音)

おやすみ。