注射のご褒美は大好きな人からのハグとキス

今日、めちゃくちゃ()んでない?
いつもこんなに()んでたっけ?

…だよね。
人多すぎて、うんざりなんだけど…。
だって、君とイチャイチャできないじゃん。

……いや、待てよ。
イチャイチャするのに、人が多いとか少ないは関係ないか…。

ねぇ、ねぇ。
今からイチャイチャしよ?

うぅ…(意地悪いじわる)…。

でも、ほんとイヤ。
人多いの。

平日の昼間だから()いてると思ってたのに。
意外と、みんな暇してるんだね。

ってか、いつまで待たされるんだろ?

()んでるから仕方ないってレベルじゃなくない?
予約した時間から、もう30分以上待ってるよ?

予約取っても、こんなに待たされてたら予約の意味ないじゃん。
もう帰っちゃおっか。

えぇー!?
ダメなの!?

もういいじゃん。
いっぱい待ったんだよ?
忘れられちゃったんだよ、きっと。
だから、今日はもう順番来ないって。

そんなことないって、どうして言えるの?
いつ呼ばれるか、分かんないじゃん。
もう待ちくたびれたよ…。

ねぇ、帰ろ?
これ以上待っても時間の無駄だって。

ち、違うよ。
注射がイヤとか、そういうのじゃなくって。
ほんとに、待ちくたびれただけ。
ただそれだけ。

……ごめんなさい。
嘘ついた…。

注射、イヤなんだもん…。
ほんとにイヤ。
だって、痛いじゃん…。
看護師さんの『痛くないよ』って言う、あの言葉に、子供の頃、(だま)されたんだよ。
めちゃくちゃ痛くて泣いたの、今でも覚えてるもん。
今だって、注射のたびに涙が出るほど痛いし…。
大人だから、泣かないけど…。

とにかく!
トラウマなの!

……注射、やりたくない…。
どうしてもやらなくちゃダメ?

だってさ、注射したからって病気にならないとは限らないんだよ?
病気になることだってあるんだよ?
それなのに、痛い思いするとか、わけ分かんない。

分かってる。
注射しておけば、病気になった時、そんなに苦しまなくて()むってことくらい。

でも、それとこれとは話が別。
痛いものはイヤなの!
どうしてもイヤなの!

やらなくてもいいの!?
じゃぁ、やらない。

えっ……注射しなかったら、病気になっても看病しに来てくれないの…?
そんなのヤダ…。

ほんとに来てくれないの?
冗談とかじゃなくて?
ほんとの、ほんとに?

会えなくなるの、ヤダ…。
注射するよりもヤダ…。
1日会えないだけでもイヤなのに、何日も会えないなんて、死んだ方がマシ…。

……分かった。
注射する…。
痛いのは、ほんとにイヤだけど、君と会えなくなるくらいなら痛いの我慢する。

泣かないってば!
泣いてたのは子供の頃の話。
今は大人だもん。
絶対泣かない。

その代わり、お願いがあるんだけど…。
聞いてくれる?

(内緒話で)あのね、家に帰ったら注射がんばったご(褒美ほうび)のギューとチューが欲しいなぁって…。

…ダメ…かな…?

いいの!?
ほんとに?
やったー!
約束だからね。

あっ、順番来たみたい。
今呼ばれちゃった。

行ってくるね。
がんばってくるから、さっきの約束、忘れないでね。