ふたたび るびぃ
voice:ふたたび るびぃ

大切な日の朝に彼女へ送るエール

【スマホのアラーム音】

(アラームを止める)

…もう、こんな時間。
起こさなきゃ…。

(彼女の部屋に行く)

【部屋のドアをノックする音】

おはよ。
起きてる?

(溜息)……はぁ……。

開けるよ。

【部屋のドアを開ける音】

やっぱり寝てる…。

ねぇ、いつまで寝てるの?
そろそろ起きよ?

『ん゛ー』じゃないでしょ。
昨日起こしてって言ったの、君なんだから。

…そのまま寝ててもいいけど、遅刻するよ?
それでもいいの?

イヤなら、起きて。

(小声で)ったく…。
今までの成果を出すための大切な日だってのに、いつもと変わらない…。
全然緊張してないのかな…?

ん?
何も言ってないよ。

起きれてえらいね。
ほら、顔洗っておいで。
その間に朝ご飯の準備しとくから。

ダーメ。
今日みたいな大切な日に朝ご飯抜くとかあり得ない。
絶対食べていかなきゃダメ。
ね?

じゃぁ、リビングで待ってるから、準備できたらおいで。

(少し間を開ける)

(彼女が準備を終えて、リビングに来る)

やっと来たね。
はい、朝ご飯。
(一口ひとくち)カツサンドとヨーグルト、あといつもより少し甘めのカフェオレ。

朝からカツっていうのもどうかなって思ったんだけど、大切な日だから…。
ちょっとでもゲン(かつ)ぎして、いい結果に繋がってほしいなって思ってね。
どうぞ召し上がれ。

揚げ物って重くなりやすいから、(一口ひとくち)サイズの大きさしてみたんだけど……どう?
おいしい?

よかった…。
見た感じ、あんまり緊張してないっぽいけど、大丈夫?
忘れ物とかしてない?

ほんとに?
(かばん)の中、1度チェックしてみた方がいいんじゃない?

財布ある?
スマホは?
あと、今日必要な物とか…。

ほら、やっぱり忘れ物あったじゃん。
取っておいで。
『あとで』って言ってて忘れたら元も子もないから、ご飯の途中で(行儀ぎょうぎ)悪くても今取りに行っておいで。

は・や・くっ!

(彼女、部屋に忘れ物を取りに行く)

(小声で)…緊張してないように見せてるだけで、やっぱり緊張してるんだな…。

(彼女、忘れ物を持ってリビングに戻ってくる)

それが忘れ物?
ちゃんと(かばん)(仕舞しま)って。

もう忘れ物はない?
ほんとに、もう大丈夫?

それなら、いいけど…。
って、ヤバイっ!
のんびりしすぎ!
時間(せま)ってるよ。
早くご飯食べて。
ほんとに遅刻することになっちゃう。

あーぁ…口元にソース付いてる。

…はい、取れた。

食器はそのままでいいよ。
今日だけは許してあげる。

さっさと歯磨いて、服着替えておいで。
のんびりする時間はないよ。

(彼女が準備を整えにリビングを離れる)

(少し間を開ける)

準備できた?

あっ、服が乱れてる。
ちょっとじっとして。
直してあげる。

はい、これで完璧。
あとは、これも一緒に持って行って。
一緒について行ってあげたいのは山々なんだけど、そういうわけにもいかないから…。
(気休きやす)め程度にしかならないけど、(心願成就しんがんじょうじゅ)のお守り。
ジャケットのポケットに入れとくね。

君に内緒でお参りしてきたんだ。
うまくいきますようにってお願いしておいたから。
絶対大丈夫だよ。

ふふ。
出かける直前になって、不安そうな顔しないの。
そんなんじゃ、うまくいくものもうまくいかなくなっちゃうよ?

…ほんとに、もう。
仕方ないから、とびっきり効くおまじないしてあげるね。

(彼女を抱きしめる)

(抱きしめたまま耳元で)大丈夫。
不安になる必要なんてないよ。
毎日夜遅くまでがんばってたじゃん。
今までのがんばりは無駄じゃない。
努力は必ず(むく)われる。
1番近くで君を見てた俺が言うんだから。

(彼女から体を離す)

ね?
自分を信じて。

いつもの元気出てきたね。
いい笑顔。
今日もとってもかわいいよ。

ほら、そろそろ行かないと…。
()いのないように、全力でぶつかっておいで。
俺はここで君が帰ってくるの、待ってるから。

気を付けて、いってらっしゃい。

【玄関扉の開閉音】

(以下全文、独り言っぽく)
絶対大丈夫だよ。
なんてったって、俺の彼女だもん。
どんなにつらいことでも、やり()げることができるよ。

…がんばれ。