1年分の”ありがとう”

君に出会って1年。
あっという間に過ぎていったね。
付き合い始めたのが、つい昨日のようだよ。

この1年、楽しいこともあれば、つらいこともあったね。
1番つらかったのは、会いたくても会えなかった時。
そんな時、君からの『おはよう』とか『おやすみ』のメッセージ、すっごく嬉しかったんだよ。
少しでも早く返事をしたくて、常にスマホを手元に置いてたくらい。
君と付き合う前までの自分はスマホを1日触らないこともあるような人間だったのにね。
自分がここまで変わると思ってなくて、今でも少し戸惑ってる。
それだけ君に(おぼ)れてるってことだよね。

でも、どんなにつらくても君と一緒にいたから、毎日幸せだった。
そんな君に、日頃あまり”ありがとう”を言えなかったから、恥ずかしいけど、この場を借りて1年分の”ありがとう”を伝えるね。

いつもそばにいてくれてありがとう。
何か話し掛けてくるわけでもないのに、ただそばにいてくれたよね。
『それくらい…』って君は笑ったけど、すごく安心できたんだよ。
ほんとに、ありがとう。

いつも(はげ)ましてくれてありがとう。
何も言ってないのに気分が落ちてることに気付いて、欲しいと思う言葉をくれたよね。
その一言で、何度も救われたんだよ。
ほんとに、ありがとう。

いつも支えてくれてありがとう。
知らない間にさりげなくフォローしてくれたよね。
そのおかげで、今までがんばってこられたんだよ。
ほんとに、ありがとう。

もっといっぱい”ありがとう”を伝えたいけど、そんなことしてたら、君が怒っちゃうかもしれないからやめとくね。

最後になるけど、一番言いたいことがあるの。

好きになってくれて、ありがとう。
付き合ってくれて、ありがとう。
これからも、いっぱい迷惑かけちゃうだろうし、(喧嘩けんか)もすると思う。
だけど、ずっと、ずーっと、君と一緒にいたいから。
末永くよろしくね。

大好きだよ。