久々に会えた彼女を帰したくないうさぎ系彼氏

もう、帰らなきゃいけない時間?
楽しい時間って、あっという間に過ぎちゃうね…。
もっと一緒にいたいな…。

……ねぇ、俺が『帰らないで』って言ったら、怒る?

えっ…ほんとに!?
もう少しいてくれるの?

ありがとっ!

(彼女を抱きしめる)

ごめんね。
ワガママ言って…。

君には君の予定があるって分かってる。
分かってるんだけど、どうしても、もう少し一緒にいたくて…。

だって、寂しいんだもん。
今日会えたのだって、2週間ぶりなんだよ。
前に会ったのは、ご飯一緒に行っただけのほんの数時間…。
まともにデートすら、できなかったし…。
今日みたいに1日一緒にいられたのって、最近全然なかったじゃん。
めちゃくちゃ寂しかった…。

どうしても寂しいから、君の会社に会いに行こうかなって思ったけど、『迷惑になるかも…』って思ったら会いに行くこともできなくて…。
連絡しようかとも思ったけど、仕事の邪魔になって嫌われたらイヤだったからできなくて…。
君から『会えるよ』って連絡きた時は、すっっっごく嬉しかった。

(大袈裟おおげさ)じゃなくて、ほんとだよ。
嘘じゃないって。

(証拠しょうこ)
あるよ。

…手、貸して。

ほらね?

今日、君に会ってから、ずっとドキドキしてるんだよ。
『今、手繋いでいいかな?』とか『今、キスしても大丈夫かな?』とか、そんなことばっか考えてた。
君に会えたことが嬉しかったから。

全然分かんなかったでしょ。
なるべく顔に出ないようにがんばってたもん。

そうじゃなくても、年下ってだけでも子供っぽく見られちゃうのに、浮かれてたらもっと子供っぽく見えちゃうじゃん。
そんなのイヤだもん。
年下だけど、しっかりしてるってところを見てほしかったから、必死だったんだよ。

えらい?
頭なでて。

ふふ。
嬉しい。

(溜息)はぁ…。
このまま時間止まらないかな…。

帰ってほしくない…。
もっと一緒にいたい…。

ワガママ言っちゃダメって分かってるのになぁ…。
気持ちが抑えられない。

えっ…泊まってくって…。
君の予定は?
大丈夫なの?

ほんとに?

…ありがと。

じゃぁ、さっそく一緒にお風呂入ろ。
その後は、一緒にご飯食べて、一緒にテレビ見て、一緒に寝ようね。

ダーメっ!
ずっと一緒にいるの!

長い間会えなかったんだから、1秒も離れたくないんだもん。
ね?
お願い。

ふふ。
やったー!

(言質げんち)取ったからね。
今日はずっと俺の腕の中にいてね。
約束だよ?