看病ボイスの森 らいのすけ
voice:看病ボイスの森 らいのすけ
えあーの演技チャンネル
voice:えあーの演技チャンネル
ふたたび るびぃ
voice:ふたたび るびぃ

初詣に行きたい彼女とベッドに行かせたい彼氏

おはよ。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

…何、笑ってるの?

新年なんだから、ちゃんと新年の(挨拶あいさつ)くらいするよ。
”親しき中にも礼儀あり”って言うじゃん。

(がら)にもない』って……そこまで礼儀知らずだと思われてたわけ?
ちょっとひどくない?
年末ずっと看病してあげたのに…。

……もう怒った。
許してほしかったら、君からギューってして。

(彼女が抱きついてくる)

…仕方ないから、許してあげる。

それはそうと、起きて平気なの?
気分悪くない?

そっか…。
よくなって、よかった。

おでこ、触るよ?

…うん。
熱も下がってるね。

でも、薄着なのは関心しないなぁ。
カーディガン着て、ストール(羽織はお)って。

やりすぎくらいが、ちょうどいいの。
つべこべ言わずに言うこと聞いて。

(彼女にカーディガンとストールを装備させる)

これでよし…っと。

ねぇ。
せっかくの正月だし、食べれそうなら少し(雑煮ぞうに)食べる?

じゃぁ、用意するね。
ソファーに座ってて。

ん?お(神酒みき)
用意するわけないでしょ。
病み上がりの体にお酒はダメ。
飲みたいならもう少し先……んー…(明後日あさって)以降ならいいよ。

『えぇー!?』じゃない。
君の体のことを考えて言ってるんだから。

あと、(雑煮ぞうに)食べたら、また寝ること。
いいね?

(溜息)はぁ…。
元気になった(途端とたん)、これだもん…。
大人しく俺の言うこと聞いてたのは熱があった時だけなんて…。

病み上がりだって、さっき言ったよね?
風邪は治りかけが1番大事なんだよ。
分かってる?

『はい、はい』って…。
『はい』は1回っていつも言ってるでしょ。
ったく…。

お待たせ。
できたてだから、舌(火傷やけど)しないように気をつけて食べてね。
あと、お(もち)喉に詰まらせないようにね。

喉に詰まらせるのに、年寄りとか若者とか関係ないの。
詰まらせる時には詰まらせちゃうんだから。

また『はい、はい』って…。
さっきから、ずっと口答えばっか…。
かわいくなーい。

こら!
テレビばっか見てないで、ちゃんと食べなさい。
せっかく熱々なのに、()めちゃうでしょ。

『初詣行きたい』?
…俺が『行こっか』って言うと思った?

言うわけないでしょ。

今日、すっごく外寒いんだよ。
そんな中に何時間もいたら、せっかく治った風邪も絶対にぶり返すに決まってるじゃん。
正月に初詣行きたい気持ちは分かるけど、君の体が(本調子ほんちょうし)になってからでも遅くないって。

2人(そろ)って休みが取れた時に行こうよ。
その頃なら、君の体もきっと元気になってると思うし。
ね?そうしよ?

ワガママばっか言わないの。
初詣に行きたい本当の目的は分かってるんだから。
ちょっとだけ大人しく待ってて。

(少し間を開ける)

はい、どうぞ。
君の大好物の甘酒。

どうしても初詣行きたい理由はコレでしょ?

分かるよ。
君の彼氏だもん。

体調崩してても絶対初詣行きたいって言いだすと思って、年末の買い物に行った時買っておいたんだ。

…って話聞いてないし…。
ほんと、嬉しそうにしちゃって…。
こういう時はかわいいんだよなぁ。

ねぇ……おいしい?

ふふ。
よかったね。

それ飲み終わったら、ベッドだからね。

どうしてもベッド行くのイヤなの?
…今日は特別に、俺が添い寝してあげるって言っても?

ほんと、ほんと。
嘘じゃないよ。
君が寝ても、ずっと隣にいてあげる。

言っとくけど、俺だって寂しかったんだよ。
君が熱出してるから、熱が下がるまでイチャイチャするの我慢してたんだもん。
だから、このあと思いっきり君を補充させてもらうね。

飲み終わった?
なら、ベッド行くよ。

…今日は、もう離してあげないんだから。