紳士であっても欲しい物は全力で奪いに行く獅子族男子

(パーティー会場から離れた場所で彼女が探し物をしている)

あの……いきなりお声かけしてすみません。
お困りのようだったので、気になってしまって…。
どうかされたんですか?

『ピアスをなくした』…?

それは大変だ。
どんなピアスですか?

…分かりました。
すぐに(人手ひとで)を集めて、見つけましょう。

大丈夫ですよ。
私は獅子族……ライオンの亜人で、このパーティーの主催者です。
なので、私に任せていただければすぐ見つかります。

(彼女がやんわり断ってくる)

どうしても(人手ひとで)を集められるのはイヤですか?
あまり(大事おおごと)にはしたくない感じとか…?

でしたら、私一人でよければお手伝いしてもよろしいでしょうか?

お気になさらないでください。
私がやりたくたてやるんですから。
困った時はお互い様、ですよ。

どのあたりでなくしたか、見当はついてますか?

…なるほど…。

ちょっと失礼します。

(彼女の匂いを嗅ぐ)

私たち亜人は鼻がききます。
ピアスについてる(わず)かな貴女の匂いを(辿たど)ってみようと思いまして…。

(匂いをクンクンして進む)

近いような気がします…。

あっ……あった!!
これで間違いないですか?

見つかってよかったです。

お礼なんていいですよ。
貴女のその気持ちだけで十分です。

『どうしても』ですか?

ん゛ん゛ー……だったら…。
今から少し時間をいただけますか?
貴女にどうしてもお伝えしたいことがあります。

いきなりこのようなことを申し上げるのは(無礼千万ぶれいせんばん)以外の何者でもありませんが……どうか、私とお付き合いしてくれませんか?

私はこの見た目です。
人間からしたら、取って食われると感じるのでしょう。
私のそばから一歩、また一歩と離れていく。
亜人も同じです。

ライオンは百獣の王なんて呼ばれて人気があるくせに、獅子族の我々は見た目が怖いばかりで誰も寄り付かないんです。

ところが、貴女は違った。
私から離れることなく、微笑みかけてくれて、話もしてくれた。
これがどれだけ嬉しかったことか…。

それに、先程貴女の匂いを嗅がせていただいた時、頭の中が痺れるような感覚になったんです。
亜人には運命の相手がいるんですけど、出会える確率は限りなくゼロに近く、都市伝説として語られていて、信じている亜人は誰もいない。
私もさっきまでは全然信じていませんでした。

でも、今は信じています。
貴女が私の運命の相手だから。
心が……本能が叫んでいるんです。
貴女が欲しいと…。

ほんの少しで構いません。
私との将来を考えていただけませんか?

貴女に不自由な思いは絶対にさせないと誓います。
ただ、この見た目は変えられないので、そこは我慢していただくしかありませんが…。

少しでもいいと思っていただけたら、名刺のこの番号にご連絡ください。
私のプライベートナンバーなので、いつでも構いません。
どんなに忙しくても、すぐに会いに行きます。
貴女のためなら、どこへでも…。

『断ったら』ですか…。

それは悲しくなっちゃいます…。
とはいえ、貴女の思いを尊重して身を引いたりしませんよ。
何が何でも貴女を手に入れます。
私の持てる、地位や名誉、財力、そのほか全てを使って…。

なんてったって、”王”ですから。
欲しい物は奪ってでも手に入れます。

それでは、私はこれで…。
貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

最後までパーティーをお楽しみくださいね。