そのリップは誰からのプレゼント…?

(玄関のチャイム音)

(玄関を開ける音)

いらっしゃーい。
入って。入って。

(玄関が閉まる音)

外、寒かったでしょ?

すぐあったかい物出すわね。
紅茶かココアかコーヒー、どれがいいかしら?

了解。
ソファーに座って待ってて。

(彼女:リビング、彼:キッチンで少し距離ある)

ごめんなさいね。
いきなり予定変更しちゃって…。

今日は今年一番の寒さだって聞いて、「こんな日は家でぬくぬくしながらまったり過ごすのもありじゃない?」って思ってね。

久しぶりのお家デート、のんびり楽しみましょ。

(彼、ソファーにやって来る)

お待たせ。
はい、どうぞ。
熱々だから、舌ヤケドしないように気を付けてね。

……あら?
どうしたの?そのリップ。
いつもと色が違うじゃない。

そりゃ気付くわよ。
(貴女あなた)、アタシがどれだけ別の色を(すす)めても(かたく)なに拒否って、ずっと同じブランドの同じ色しか選ばないんですもの。
これで気付かないって言ったら、鈍感って言うレベルを超えてるわ。

で、その色、自分で買ったの?

プレゼント…?
誰から?

どうして教えてくれないの?
後ろめたいことがないなら教えてくれてもいいんじゃない?

……男…なの?
そのリップくれたの。

もしかして、その男のことが好き、とか?

違うなら、なんで今日付けてきたの?
見せつけるようなことして…。

ふぅーん。
そういう気分だったの…。

(彼がカップをテーブルの上に置く)

カップ、テーブルの上に置いて、こっち向いてくれない?

(彼女がテーブルにカップを置いて、彼に向き直る)

残念だけど、その色、全然(貴女あなた)には似合ってないわ。
リップだけが浮いて見えて、ダサくなってる。

今すぐ落としなさい。
いいから、落としなさい!

(雄っぽさを出して)さっさと落とせっつってんのよ!

(強引なキス)

うるさい。
黙って。

(濃厚なキス)※ 長めにお願いします。

…取れた…。

(我に返って)ごめんなさい。
強引にリップ取ったりして…。

今から言うのは言い訳でしかないけど、言わせて。
今言わないと、これからずっとモヤモヤした気持ちを引きずることになりそうだから…。

あのリップ、どうしてもアタシの中で許せなかったの…。

今までアタシが勧めても拒否ったのはどうでもいいの。
そこは好みの問題もあるし、冒険するのが怖いっていう保守的な(貴女あなた)の考えも理解してるわ。

ただ、『男から貰った』ってことが無理だった。
(貴女あなた)がアタシの元から離れていくと思ったの。

男がリップを女性に贈る意味は『キスがしたい』。
その意味を知ってて受け取った……わけじゃないわよね。
(貴女あなた)の今の顔を見れば分かるわ。

あのリップを贈った男は、きっと(貴女あなた)のことが好きよ。
告られたら、きちんとお断りすること。

ズバッと、切り捨ててやりなさい。
そうでもしないと、この手を使うヤツは諦めが悪いから…。
いい?

もし、断ってストーカーされるようなことがあったら、遠慮なく言って。
全力で(貴女あなた)を守るから。

今でこそこんなオネエだけど、昔はそれなりにケンカが強かったのよ?
地元じゃそこそこ有名で……って、この話は置いといて…。

絶対にアタシの元から離れない?

約束してくれる?

約束ついでに、ひとつお願いしてもいいかしら?

まだ不安でいっぱいのおバカなアタシを安心させてくれない?
(貴女あなた)からのいっぱいの好きとキスを、アタシにちょうだい…?

(彼女から触れるだけのキス)

ん。
ありがと。

リップ、取っちゃったし、塗り直さないといけないわね。

少し目を閉じててもらってもいい?
すぐ終わるわ。

でも、アタシが「いい」って言うまで目は閉じたままよ?

(少しだけ間を開ける)

目を開けてもいいわよ。

はい、鏡。

アタシからのプレゼント。

別に記念日とかではないわよ。
ただアタシがプレゼントしたかっただけ。

このリップね、アタシが使ってるブランドの新作の色なの。
ひと目見た時から(貴女あなた)に似合いそうだと思ったんだけど、いつものように(すす)めても絶対買わないでしょ?
だから、プレゼントすることにしたの。

どうかしら?
(貴女あなた)自身、さっきのリップと今のリップ、どっちが似合ってると思う?
あたしに気を(つか)わないで、率直な意見を聞かせて?

…ふふ。
でしょ?
(貴女あなた)のことなら誰にも負けないわ。
(貴女あなた)のお父様とお母様にもね。

……ねぇ。
せっかくリップを付けたけど、キスしてもいいかしら?

もう我慢の限界なの…。
また塗ってあげるから、許して…。

(濃厚なキス)※ キスしたままフェードアウトしてください。