『お願い』と『リクエスト』は計画的に

(パソコンに向かって作業中)

 (彼女:「コーヒー淹れるけど、いる?」)

ん?
コーヒー?

んー……今はいいや。
ありがと。

(作業再開)

 (彼女:彼の隣に座る)

なんで隣に座るの?
邪魔なんだけど…。

(スンスン匂いを嗅ぐ)

ねぇ。
豆、変えた?
匂いがいつもと違う気がする。

 (彼女:「うん。ちょっといい豆が安売りしてたの」)

やっぱり!
俺も飲みたい。
今から()れて?

 (彼女:「『いらない』って言ったじゃん」)

さっきまでは飲みたい気分じゃなかったの。
お湯沸かしたばっかなんだし、すぐ()れられるでしょ?

 (彼女:「自分で淹れたら?」)

自分で()れるのは無理。
見ての通り作業中だから、手が離せない。

ね?
お願い。
()れて?

 (彼女:「仕方ないなぁ…。今回だけだからね?」)

ん。
ありがと。
じゃぁ、ついでにリクエスト。
砂糖とミルク多めでよろしく。

 (彼女:「いいけど、あとで私のリクエストも聞いてね?」)

えぇー!?
君からもリクエスト!?

ん゛ー……1つだけね?
俺も1つしかしてないし。

 (彼女:「2つしたじゃん!」)

残念でした。
コーヒー()れるのはお願いであって、砂糖とミルク多めのリクエストとは別物だもん。

 (彼女:「屁理屈っ!」)

(屁理屈へりくつ)じゃないよ。
『頭脳派』と言って。

 (彼女:コーヒーを淹れて戻ってくる)

ありがと。

んーっ!いい匂い。

(ひと口飲む)

…おいしい…。

で、君からのリクエストは何?

 (彼女:「ちょっとだけ目瞑ってて」)

(つむ)るの?
変なイタズラとかしないでよ?

イタズラだったら、怒るからね?

 (彼女:彼の頭に猫耳カチューシャを付ける)

えっ!?
何っ!?
頭に何付けたの?

 (彼女:「まだ目開けていいって言ってないのに…」)

いきなり何か付けられたらびっくりして、目開けるって…。
(頭を確認しながら)で、何コレ?

…猫耳!?
(ムッとして)……取っていい?

 (彼女:「取っちゃダメ!」)

なんで取っちゃダメなの?
こんなの俺が付けててもかわいくもないのに…。

 (彼女:「リクエスト聞いてくんないんだ…」)

…分かったよ…。
付けとくって。

でも、コーヒー飲み終わるまでだからね?

 (彼女:「あと、語尾は『にゃ』を付けてね」)

はぁ!?
語尾を『にゃ』とか…。

「リクエストは1つ」って言ったじゃん。

 (彼女:「猫耳がリクエストで、『にゃ』がお願いだもん」)

猫耳がリクエストで、『にゃ』がお願いとか…。
普通にズルい。

 (彼女:「どこが?」)

だって、俺のやったことパクってんじゃん。
これをズルいと言わずして、何て言うの?

 (彼女:「今回だけだから。ね?」)

(溜息)…はぁ…。
はいはい。
分かりましたよぉー。
やればいいんでしょ。
やれば。

ったく…。

(深い深呼吸1回)

……このあと、何か予定あるのかにゃ?

 (彼女:「特にないよ。君は?」)

俺?
俺は今やってる作業が終わったら暇になるにゃ。
だから、お昼寝するつもりにゃ。
ずっと作業しっぱなしで疲れたし、ちょっと休みたい気分だにゃ。

できれば…その時膝枕してほしいにゃ…?

 (彼女:「なんでよ!」)

がんばって作業したご褒美くらいあってもいいと思うにゃ!
ご褒美!ご褒美!

 (彼女:「がんばってるのは認めるけど、膝枕はダメ」)

(拗ねた感じで)むぅ…。
膝枕がダメなら、一緒に寝たいにゃ。

ここで寝たら絶対気持ちいいにゃ。
ポカポカして。

それとも、ベッド行くにゃ?
そしたら、お昼寝どころじゃ済まなくなるけど…いいのかにゃ?

ねぇ?
どっちにするにゃ?

ここ?ベッド?
君の好きな方を選ぶにゃ。
俺はどっちでもいいからにゃ。

……あっ。
コーヒー終わった。

 (彼女:「…急に甘えてこないでよ」)

ん?
甘えてほしかったんでしょ?
だから、『にゃ』って付けてほしいなんて言ったんじゃないの?

 (彼女:「そういうつもりは…」)

そういうつもりがなかったとしたら、俺が「もういい!」って投げ出すと思ったとか?

 (彼女:黙って頷く)

バーカ。
んなことするわけないじゃん。
俺のこと舐めすぎ。

はい。
猫耳、返す。

じゃぁ、今から作業に戻るから邪魔しないでね。
30分で終わらせるから、さっきの話どっちにするか、作業終わるまでにちゃんと決めといて。

(耳元で)分かったかにゃ?