けいとのシチュエーションボイス
voice:けいとのシチュエーションボイス
ぐにゃー
voice:ぐにゃー
もふお
voice:もふお

おはようのチューをしないと起きないうさぎ系彼氏

ん……おはよ…。
今、何時?

そっか…。
…おやすみなさい。

ヤダ…起こさないで…。
もうちょっと寝たい…。

せっかくのお休みだよ?
まだ起きたくない。

……分かった。
じゃぁ、あと5分。
5分だけでいいから寝かせて。
そしたら、ちゃんと起きる。

ヤダ。
眠い…。
お休みの日くらいゆっくり寝かせてよ。
起きるの、早すぎ…。

目?
開かないの。
開けたくても、開けらんないんだもん。
(上瞼うわまぶた)(下瞼したまぶた)がチュッチュしてて離れてくれないから。

というわけで、おやすみなさい。

(布団に潜って二度寝する)

はぁ!?
ちょっと待って!
『今起きなきゃ、これからずっとおはようのチューも、おかえりのチューも、おやすみのチューもなし』って、言った?

うわぁ…。
いくらなんでも(ひど)すぎない?
俺がチュー1つでどれだけがんばれるか知ってて言ったよね?

(溜息)はぁ…。
全部なしってことは、俺、もう無理…。
元気出ないから、起きれない。

…起きてほしいなら、チューして。
チュッってするだけでいいから。

なんで、ダメなの?
エッチぃチューしてって言ってるわけじゃないんだし、いいじゃん。
俺としては、エッチぃチューしてほしいけど…。

あぁー!
待って!
今のは冗談!
嘘だから!

君からチューしてもらえるだけで、とっても嬉しいです!
だから、チューしてください。
お願いします。

うん!
チューしてくれたら、今すぐ起きる!
約束する!

えっ!?
チューしてくれるの!?
ほんとに!?

やったー!

……ん。

(触れるだけのリップ音)

ありがと。

さてと……約束だし、起きよっかな。

(布団から出る)

(背伸びしてる感じで)ん゛ん゛ー!

その顔……『たかがチューで…』って思ったでしょ?

ダメだよ。
チューは大事なんだから。

だって、眠ってるお姫様が目覚めるのは王子様からの愛のこもったチューでしょ?

なんでチューで目覚めるか分かる?

それはね、好きな人とのチューで元気を充電してるから。
今の俺も同じだったわけ。
元気がなかったから、君からのチューで充電したの。

『チューする側とされる側が逆』?

たまにはお姫様からチューしてもらってもよくない?
王子様も、お姫様からチューしてもらいたい時があるんだし…。

それに、いつも同じだとマンネリ化するって言うじゃん。

俺たちの間にマンネリした何かがあるわけじゃないけど、たまにはいつもと違うことするのもいいでしょ?

(耳元で)ちょっとドキドキしなかった?

ふふ。
あいかわらず、嘘()くの下手だね。

耳まで真っ赤になってて、すっごくかわいい。
もっとかわいい顔させたくなっちゃう。
ってか、させたい。

……ねぇ。
久しぶりにイチャイチャしよっか。

さっきの顔見たら、我慢できなくなっちゃった。

デート?
それはまた次でもできるじゃん。
今は誰にも邪魔されずに、2人きりの時間を過ごしたい。

ヤダ!ヤダ!
今日は家でイチャイチャするの!

(濃厚なリップ音) ※長めにお願いします。

デートできなかったこと、後悔させないくらいいっぱい愛してあげるから。

今日は家でイチャイチャしよ?
…ね?