犬猫想太SSR餅
voice:犬猫想太SSR餅
どら置き場
voice:どら置き場

1番好きなものは寝ることより彼女の匂いだったアザラシ系彼氏

(彼女にカーテンを開けられる)

……ん゛…(まぶ)し…。
おはよ…。

悪いんだけど、カーテン閉めてくれない?
部屋が明るくて、目が死にそう…。

えぇー…ヤダ…。
自分で閉めるとかめんどくさい…。
開けたの君なんだから、君が閉めてよ…。
今、布団から出らんないんだもん。

ほら、見て。
布団が俺のこと好きって離してくれなくてさ…。

俺も今は君よりも布団の方が好き。
優しく包み込んでくれるし、俺の言うこと聞いてくれるし。

(布団に向かって)俺も大好きだよ。お布団ちゃん。

…あのさ…やめてくれない?
()めた目で俺のこと見るの…。
その視線、痛すぎ…。

やめてって言ったのに…。
いいもん。
その目やめてくれなくても、まだ眠いから、今起きるのは無理だし。
3時間後には起きるから、それまで待って。

じゃぁ、おやすみ…?

(漂ってくる匂いをスンスン嗅ぐ)

…焼きたてのパンのいい匂いがする…。

後ろに隠してるの、パンが入ってる袋だよね?
中、見せてよ。

二度寝よりパンの方が気になるって!

(起きて、彼女から袋を受け取って中身を見る)

うわっ…。
俺の好きなのばっか…。

これ、いつ買いに行ったの?

えぇー!
ズルい!
俺も一緒に行きたかった!

出かけるのは、めんどくさいよ。
着替えたり、髪セットしなきゃいけないから…。
でも、そんなことよりも焼きたてのパン買いに行く方が大事なの!

お店の中に広がるパンの匂い、好きなんだよね。
嗅いでるだけで幸せな気持ちになるじゃん。
どんなにイヤなことがあっても笑顔になっちゃう、みたいな…。

いやいや。
買い()めたりはしないよ?
さすがに…。
そうしたい気持ちはあるけど、他の人の迷惑になるし…。

でも、10個は買ってたかもしれない…。
それくらいお腹減ってる。

最初はどれから食べよっかなぁ?
んー……悩む…。

えっ?
二度寝?
しないよ。
するわけないじゃん。

まぁ、確かに三度の飯より寝ることが好きな俺だけど、今はお腹減ってるから腹ごしらえしたい。
ってか、どんなに眠くてもこの匂いに勝って寝られる人っている?
少なくとも、俺は知らないね。

どんなに眠くても、1個は食べてから寝る!

…何笑ってるの?

そんなに笑うほど、ドヤ顔してた?

…忘れてよ。
なんかヤダ。
恥ずかしい…。

でもね、焼きたてのパンよりも好きな匂いがあるんだよ。
俺の1番好きな匂い。
君もよく知ってるはず。

ヒント?
俺の身近にあるモノ。

ブッブー。
ハズレ。
正解は、君の匂いでした。

(彼女を抱きしめる → 匂いを嗅ぐ)

くすぐったくても、動かないで。
まだ嗅いでる途中なんだから。

やっぱ好きだなぁ…君の匂い…。
すっごく落ち着くから、眠くなってきちゃうけど…。

(あくび)ふぁ…。

もうダメ…。
このまま、二度寝する…。

君も一緒に…。

ほら。
おいで。

『ヤダ』じゃないの。

(彼女と一緒に布団に潜り込む)

朝早くから買いに行ってくれて、ありがとね。
起きたら一緒に食べよ。

……おやすみ…。