【童話アレンジ】ナンパな白ウサギに転がされる…?

(走っていて、息を切らしている)はぁ…はぁ…はぁ…。

……うわっ!!

(誰かにぶつかる)

…イタタ。

ごめんね。
大丈夫?
怪我とかしてない?

…よかったぁ…。

ほんとにごめんね。
時計に気を取られちゃってて…。

女王陛下のお城で開かれるお茶会に参加しなきゃいけなくてさ…。

(独り言っぽく)(溜息)はぁ…。
完全に遅刻だ…。
今から急いでも、もう間に合わない。

あっ!
君は全然悪くないよ!
悪いのは全部僕だから…。

今日のお茶会、ほんとの目的はお見合いなんだ。
女王陛下主催の。

ここ最近、この国での婚姻率が落ちてるとかで、種族問わず、適齢期の男女を集めて定期的に開催されてるの。
知らない?

はた迷惑な話なんだけどさ…。

まぁ…そうは言っても、どんな子が来るか楽しみで、昨日の夜から眠れなくて…。
「もう寝なくていいか」って思った矢先に眠くなっちゃったんだよね。

一応、寝坊した時のことを考えて、ある程度(支度したく)()ませてから、ちょっとだけ仮眠とったの。
30分くらいのつもりで。

もちろん目覚まし時計もかけたよ。
だけど、全然気付かず、爆睡しちゃって…。
起きてみれば、仮眠し始めて5時間経ってて、遅刻ギリギリ…。

急いで家を飛び出して、滑り込みセーフを狙って、時計と睨めっこしながら走ってたら、君とぶつかっちゃったってわけ。

だから、気にしないで。

っていうか、君も、見たところ急いでるようだったけど…。
どこか行く予定だったの?

…えっ!?
君もお茶会に!?

それって、もしかして……女王陛下のお城で開かれるお茶会?

へぇー。
こんな偶然ってあるんだね。
こういう話ってよく聞くけど、おとぎ(ばなし)だと思ってた。

ねぇ。
さっきからそわそわして、どうしたの?

…お茶会に行く!?

やめといた方がいいよ。

招待状に書いてなかった?
『時間厳守』って。

それって、女王陛下が時間に厳しい人だからなんだ。
1秒でも遅れたら、死刑。

うん。
おかしいよね。
この国の皆が思ってる。

そう思ってても、これはずっと昔から決まってることで、今更変えられないし、変わらない。
命が()しいなら行かないことをおすすめするよ。

…そうだ。
その招待状、貸して?

いいから。いいから。
悪いようにはしないって。

ありがと。

へぇ。
君の名前、アリスって言うんだ。

ごめん。
勝手に名前見て。

君みたいにかわいい子の名前、気になっちゃったんだもん。
普通に聞いたら聞いたで、ナンパだと思われて教えてくれないだろうし…。

うわっ!
ひっど!

女の子だったら誰でもいいみたいなナンパ野郎じゃないよ。
僕が声かけるのは、かわいい子だけ。

ってか、僕の話なんかどうでもいいの。
大しておもしろくもないんだし。

アリスの招待状と僕の招待状を…こうして…こうっ!

(招待状を燃やす)

証拠隠滅っ!
これで、僕らには招待状が届いてなかったってことにするの。

お茶会の名簿に名前は書かれてるはず。
でも、招待状がそもそも届いてなかったら?
いつ、どこでお茶会があるかなんて、分かりっこないでしょ?
つまり、僕たちに()はないことになる。

ね?
(名案めいあん)でしょ?

ちょっとぉー!
(卑怯ひきょう)』とか言わないでよ。
せめて、『ずる賢い』って言ってよ。

(背伸びする感じで)ん゛ん゛っ……はぁ…。

このあと、どうしよっかな…。
暇になっちゃったし…。

アリスは?
このあとの予定って何かあるの?

そっか…。
僕と同じなんだ。

じゃぁさ、せっかくだし、2人だけのお茶会しない?

なんで『やめとく』って言うの?
別に(あや)しいお店とかに連れてったりしないよ?

僕のおすすめのカフェに連れてってあげる。
隠れ()っぽいお(洒落しゃれ)なカフェなんだ。
そこのケーキが最高においしいのっ!
絶対アリスも気に入ると思う。

ね?
一緒に行こうよ。
ここで出会ったのも何かの縁だし。

僕はアリスと仲良くなりたいんだけどな?

アリスは?
僕と仲良くなるのはイヤ?

だって、お茶会に行くつもりだったんでしょ?
それって、誰かしら相手を求めてたってことじゃん。
なら、僕でもいいんじゃない?
違う?

ねぇ……返事は?

僕と仲良くなりたいのか。なりたくないのか。
どっち?

ん。
じゃぁ、まずは友達からね。

いきなり「付き合え」とは言わないよ。
まだアリスのこと、何も知らないもん。
友達として、アリスのこといろいろ知りたい。
誕生日とか、血液型とか、好きなものとか、嫌いなものとか…。

アリスにも、僕のこといろいろ知ってほしい。
なんでも答えるから、なんでも質問してくれていいよ。

ちなみに、彼女はいないからね。
絶賛大募集中!
アリスが彼女になってくれると嬉しいな。

ちょっ……ちょっとっ!
ごめんってば!
帰ろうとしないで!
今の冗談だから!

…え?
帰ろうとしたの、冗談なの?
めちゃくちゃマジな顔してたから、ガチだと思ったし…。
ビビったぁ…。

アリス、君って人が悪いね。

(アリスと2人で微笑み合う)

まぁ、そんな感じで、これから友達としてよろしく。

(以下、耳元で)さっき、冗談って言ったのは嘘。
本気で、いつか彼女にするつもりだから、その覚悟はしといてね。