Tsukasa voice
voice:Tsukasa voice

犬系彼氏は彼女の匂いにメロメロ

さてと……そろそろ寝よっかな。

(あくび)ふぁ…。

眠くなってきた…。

ん。
お休み。

(布団に潜る)

…ねぇ、ねぇ。
1つお願いがあるんだけど…。

ギューしながら寝たいなぁって思って…。
君の匂いに包まれて寝たい。

…ダメ?

やった!
こっち来て。

(彼女を抱きしめる)

んーっ!
いい匂い…。
幸せ…。

ちょっと…!
また俺の匂い嗅いでるの?

そりゃ、お風呂入ったから、いいけどさ…。
俺の匂いなんか嗅いだっていいことないよ?

(笑いながら)くすぐったい。
首筋、やめて。 (※ 笑うの終わり)

何、怒ってるの?
ほっぺ、プクゥーって膨らませて。

帰ってきた時の匂い?

お風呂入ったから、当然消えてるよ。
今も、あのままの匂いだったら、逆にヤバイでしょ…。

『残念』じゃないの。
いい匂いの方がいいでしょ?

どっちもいいの!?
ほんと、俺の匂い好きだよね。
もしかして、変態?

俺はいいの。
彼女のいい匂い嗅いでるだけだから。
彼氏の特権だしね。

君の匂いは、いろんな匂いが混じってるの。
ボディーソープの匂い、シャンプーの匂い、柔軟剤の匂い…。
あとは、君自身の匂い。
それが1番いい匂い。
甘くて、吸い寄せられて、離れたくなくなっちゃう。

同じ物使ってるはずなのに、なんでこんなにいい匂いなんだろ…。

(彼女の匂いを嗅ぐ)

あっ!
匂いが変わった。

…今、恥ずかしいでしょ?

ふふ。
当たったー。

うん。
これも匂いで分かるよ。

全然変な匂いじゃないって。
同じ甘い匂いなんだけど、ちょっと甘さが違うっていうか…。

んー、言葉にすると難しいなぁ…。
うまく説明できない…。

(彼女が自分自身の匂いを嗅ぐ)

自分で自分の匂い嗅いでも分かんないと思うよ。
他の男でも分かんない。

これは俺しか分かんないことだから。

だって、君の全部を知ってるんだもん。
あーんなことや、こーんなことを…ね。

えぇー?
言っちゃっていいの?

じゃぁ……たとえば…。

(耳元で)耳が弱いとことか…。

(耳にキス)

キスが下手なとことか…。

(触れるだけのリップ音)

だけど、キス1つで(とろ)けちゃうとことか…。

(濃厚なリップ音)

…ね?
ほかにもあるけど、まだ聞きたい?

そう?
…残念…。

じゃぁ、全部言う代わりに、いいこと……しよっか。

そ。
いいこと。

分かりやすく言うと、こういうこと…。

(濃厚なリップ音)

さっきから君の匂いがどんどん濃くなって、俺を誘惑してるって気付いてない……よね…。
ずっと頭クラクラしてて、正直ヤバイ…。

最近全然なくて、久しぶりだからかな。
もう抑えられそうにない。

(眠気ねむけ)
そんなの、どっか行っちゃった。

先に謝っとくけど、今日は優しくできないと思う。
それだけ君が欲しいってことだから。

優しくない俺も受け入れて…。

(濃厚なリップ音) ※ キスしたままフェードアウトしてください。