どら置き場
voice:どら置き場

彼女がずっと隠してたせいで酷くなった虫歯を治療する歯科医彼氏

お疲れ様。
検査、疲れたでしょ?
そうでもない?
それならよかった。

じゃぁ、診察台に座って。
エプロンするよ?

(まわ)り、きつくない?
大丈夫?

(早速さっそく)だけど、検査結果ね。
結論から言うと、虫歯。
それも、虫歯の根っこが歯のかなり深いところまで進んでる。
ここまで(ひど)いの、久しぶりに見たかも…。

『えへへ』って()めてないからね。
ほんとに、もう…。

ずっと前から痛そうな顔してたから、その(たび)に、君に聞いてたよね。
『痛いの?』って。
そしたら、君は『うぅん。痛くないよ』って答えてた。
あれ、嘘だったんだね。

最初に痛みを感じた時に言ってくれてれば、ここまで(ひど)くならずに()んだのに…。

ここまでくると、治療は二通り。
一つ目は、(抜歯ばっし)
文字通り、歯を抜くこと。

二つ目は(根管こんかん)治療。
簡単に言うと、歯に穴を開けて、神経や血管を取って、中を(綺麗きれい)に洗って、消毒してから、薬を()めて(ふた)をする治療なんだけど…。

どっちの治療がいい?
君が選んだ方の治療をしてあげる。
さぁ、選んで。

…二つ目の方ね。
分かった。

ちょっと準備するから待ってて。

(少し間を開ける)

お待たせ。
じゃぁ、麻酔するから、診察台倒すね。

口、開けて。
ちょっとチクッとするよ。

はい、おしまい。
麻酔が効いてくるまで、少しだけ(はなし)しようか。

…あのさ、君、ずっと前から寝る前にお菓子食べてるよね。
歯磨きした後に、僕に(かく)れてこっそりと…。

『違う』?
ふぅーん。
じゃぁ、昨日食べた物、当ててあげようか?

…クッキー。
違う?

そんなにあからさまに体ビクつかせてたら『その通りです』って言ってるようなものだよ。
(かく)れて食べるなら、お菓子の(空箱からばこ)はちゃんと捨てておきなよ…。

あと、歯磨きしてない日もあるよね。
僕が『歯磨きは?』って聞いたら、『あとでー』って答えるけど、ちゃんと歯磨きしてる?

(溜息)はぁ…。
…やっぱり。
歯磨きなんて、ほんの少しの時間で終わるじゃん。
1時間も2時間も磨けって言ってるわけじゃないんだよ?
どうして歯磨きしないかなぁ?
『めんどくさい』ね…。

君が甘い物大好きなのは知ってる。
食べるなとも言わない。
でも、甘い物食べたら、歯磨きしようよ。

それができないなら、今後一切、お菓子を食べることは禁止。
『えぇ~』じゃないっ!
歯磨きしないのに、甘い物食べるのは歯科医として(見過みす)ごせないからね。

さて、……そろそろ麻酔()いてきたかな?
(くちびる)(さわ)ってるけど、感覚ある?
…ないね。

(歯科医らしく)よしっ!
では、治療を始めます。
痛かったら左手を()げてください。
なるべく痛くないようにしますから。

(間を開ける)

(溜息)ふぅー

お疲れ様。
診察台、起こすよ。

あーぁ…涙で顔ぐしゃぐしゃ…。
そんなに痛かった?

…『怖かった』?
もしかして、君がなかなか歯医者に来なかったのって、キーンって音が怖いから?

(笑いながら)…かわいい。
いや、君にも怖い物があるんだなぁって思ってさ。
いつも(強気つよき)な君がこんなに泣くなんて思わなかったから。

ほら、涙()いて。
かわいい顔が(台無だいな)しだよ。

…あのさ、ちょっと提案があるんだけど、聞いてくれる?

今夜から、僕が君の歯磨きをしてあげようかなって思ってるんだけど。
君、言ったじゃん。
『歯磨き、めんどくさい』って。

だったら、僕が磨いてあげたらいいよね。
僕は君の歯の状態を毎回チェックできる。
君はめんどくさい歯磨きをしなくて()む。
ウィンウィンじゃない?

『ヤダ』じゃないよ。
これは決定事項なの。
君の歯の主治医として、常に()ておかないと。

それから、次の予約だけど、3か月後に入れておくね。
何をそんなにびっくりしてるの?

『なんで?』って…。
定期的に検診するのは当たり前でしょ。
君の歯が虫歯になってないかチェックしたり、歯のクリーニングしたりするためだよ。

文句言わないの。
返事は?

ん。いい子。
そんないい子には、いい物をあげなきゃね。

目を(つむ)って、口を開けて?

ふふ。
びっくりした?

キシリトール100%の(あめ)だよ。
これなら虫歯になりにくいから食べてもいいよ。
ただし、1日1個だよ。
それ以上はダメ。
いい?

ふふ。
やっと君の笑顔が見れた。
君が嬉しそうで(なに)よりだよ。

お願いだから、もう僕に隠したり、嘘()いたりしないでね?
歯が痛かったり、おかしいなって思ったら、僕に一番に相談して?
絶対だよ?

…約束ね。