ふたたび るびぃ
voice:ふたたび るびぃ
Zakuro
voice:Zakuro
悠希チヒロChi-kun ch
voice:悠希チヒロChi-kun ch

無害だと思ってた幼馴染は実は隠れ狼だった

【強めの雨の音】

あそこで雨宿りしよ。

【雨の中は知る足音】

うわぁ…全身びしょびしょ…。

つめてぇ…。

パンツまで濡れてる…。

めっちゃ気持ち悪…。

おい、もっとこっち寄れよ。

そんな(はし)っこにいたら雨に濡れるだろ?

この雨、まだ()みそうにないな…。

(小降こぶ)りになるまで、ここで雨宿りさせてもらおう。

(少しだけ間を開ける)

お前、タオルとか()く物、持ってる?

ったく、持ってないのかよ…。

えっと…たしか、今日使わなかったタオルが……あった!

ほら、これで体()いとけって。

お前すぐ風邪引くじゃん?

さっきもくしゃみしてたしさ。

小さくくしゃみすればバレないとでも思った?

残念でした。

全部お見通し。

ほら、ちゃんと()けって。

あと、俺のYシャツ、着とけよ。

いいからっ!

俺は下にTシャツ着てるから、Yシャツ脱いでも大丈夫なの。

つべこべ言わずに着ろっ!

……下着が()けてんだよ。

全部見えてた。

見るつもりはなかったんだけど…。

ごめん。

『別にいい』ってどういうことだよ?

まぁ…小さい頃は裸で遊んだりしてたけどさ…。

俺なら見られても恥ずかしくないってこと?

俺が無害だって、そう言いたいわけ?

へぇー。そうなんだ。

こんなことされても、まだそんなこと言える?

(触れるだけのリップ音)

もう子供の頃とは違うんだよ。

小さい頃はお前より小さくて弱いから、いじめられてばっかだった。

でも、今は俺の方が背高くなったし、力も俺の方がある。

お前を力でねじ()せようとすることもできるんだからな。

ちょ、ちょっと!

あからさまに()けるなよ。

実際そんなことしないから。

逃げんな…。

この雨の中帰るのかよ。

お前、マジで風邪引くぞ。

そうじゃなくても、全身びしょ濡れで冷えてるはずなんだから。

ちょっと手、貸して。

うわ…冷え切ってるじゃん。

なぁ、抱きしめてもいい?

やましい気持ちはないから。

ここまで冷えてたら、今すげぇ寒いんじゃね?

そんなことない?

ほんとに?

歯ガチガチ(ふる)わせて、(くちびる)真っ青なのに、そんなことないって言える?

いきなり襲ったりしないから。

約束するから。

な?お前を温めさせて?

…ありがと。

(抱きしめる)ギュー

体、(ふる)えてる。

やっぱり寒いんじゃん。

お前って昔から強がりだよな。

それで損してるって気付けよ。

帰ったらちゃんと風呂入れよ。

今温めてやってるって言っても、体の芯までは温められないから。

このままだと、ほんとに風邪引くって。

めんどくさいからって、シャワーはダメだからな?

ちゃんと湯溜めて、お風呂に入ること。

いいな?

『お母さんみたい』って…。

俺はお前のことを心配して言ってやってるんだから。

ちゃんと言うこと聞いとけって。

まぁ、風邪引いたらお前の好きな物買って、お見舞い行ってやるよ。

行かなくていいの?

なんで?

(笑いながら)バーカ。

病人相手に襲ったりしないわ。

そこまで(分別ふんべつ)ない人間じゃねぇよ。

あっ、雨()んできた。

久々に手、(つな)いで帰ろ。

家に着くまでお前のこと温めてやりたいからに決まってるじゃん。

ほら………帰ろ?