ふたたび るびぃ
voice:ふたたび るびぃ
雪ミルク
voice:雪ミルク

花火大会に行けなくなった彼女にサプライズで贈るたくさんの花火

ん?どうしたの?

浴衣なんか着て…。

あれ?その浴衣知らないなぁ。

新調したの?

いいね。

キミに似合ってる。

すごくかわいいよ。

嘘じゃないって。

ほんとにかわいいよ。

かわいいキミが、より一層かわいくなってる。

それより、浴衣着て、これからお出かけでもするの?

へぇー。

暗くなるから、気を付けるんだよ。

えっ、俺も一緒に行くの?

どこ行くの?

…花火大会?

花火大会なんか、この近くであったっけ?

あぁ~、キミが毎年楽しみにしてるヤツね。

でも、それって今年は中止になってなかった?

ちょっと待って。

【スマホをタップする音】

ほら、やっぱり中止だよ。

見てみて。

ね?中止って書いてるでしょ?

『ヤダ』って言っても中止なんだから、仕方ないでしょ。

こ~ら、子供みたいに(駄々だだ)()ねないの。

……じゃぁ、目(つむ)って少し待っててよ。

キミに見せたいものがあるんだ。

いいから、いいから。

目、(つむ)った?

そのまま待っててね。

(少しだけ間を開ける)

()けていいよ。

花火大会の花火にはかなり(おと)るけど、(手持ても)ち花火いっぱい買ったんだ。

絶対『花火大会行く』って言うと思って、ちょっと前から少しずつね。

キミを驚かせようと思ってさ。

びっくりした?

よかった。

あのさ、もうすぐ日も落ちるし、夜になったら近所の公園で花火しない?

この花火全部持って。

せっかくキミがかわいい浴衣着てるんだもん。

何もしないまま脱ぐのは寂しいじゃん?

この浴衣を着た思い出に、俺達だけの小さな小さな花火大会、しよ?

よしっ!

そうと決まれば俺も着替えようかな。

キミに合わせて、俺も浴衣着ようと思ってね。

自分で着付けられるか自信ないけど…。

えっ、着付けてくれるの?

キミ、着付けもできたんだ…。

知らなかった…。

ありがと。

じゃぁ、お願いしようかな。

そうそう。大事な約束を俺から一つだけ。

夜だから、近所迷惑にならないように絶対はしゃがないこと。

キミ、興奮するとすぐはしゃぐから…。

約束できる?

少しでもはしゃいだらすぐ帰るからね?

いい?

ん。いい子。

(耳元で)小さな小さな花火大会、楽しもうね。