あめか
voice:あめか
あかいあかさ【シチュエーションボイス】
voice:あかいあかさ【シチュエーションボイス】

りんご飴で間接キスしたかった彼氏に気付いちゃう牛系彼女

人いっぱいだねぇ。
これぞ花火大会って感じ。

あっ!たこ焼き!
あっちには、焼きそばも!

ねぇ、ねぇ。
買ってきていい?

心配しなくても大丈夫だよ?
ご飯少なめにしたから、両方買っても食べれるもん。

ん?
『そうじゃなくて…』って、どういうこと?

あぁ……”(人酔ひとよ)い”ね。

うん。
ちょっと酔ってる感じするけど、まだ大丈夫。
ほんとにつらくなったら言うから、それまではここにいたい。

…ダメ……かな…?

ごめんね。
心配かけて。

なんか、今は外にいたい気分なの。
ここのところ、ずっとお家デートばっかだったし、こういうイベントは今しか楽しめないじゃん。
だから、全力で楽しみたいなぁって思ってね。

そ。
全力で。
「お祭りは全力で楽しみましょう」って小学校の頃に教えられたでしょ?

あれ?
小学校じゃなかったっけ?
幼稚園だったかな?

んー……まぁいっか。
どっちでも。

りんご飴だ…!

買ってくるから、ちょっと待ってて。

(1人で屋台に買いに行く)

お兄さん、1つください!
ありがとうございますっ!

(彼氏の元に戻ってくる)

お待たせ。
懐かしいって思ったら、どうしても欲しくなっちゃって…。

んーっ!
おいしいっ!

りんご飴ってこんなにおいしかったっけ?

いやぁ……子供の頃に食べて以来、全然食べてなかったから…。
味とか全部忘れてて…。

1度だけ親に買ってもらったことがあるんだけど、その時ひと口、ふた口食べただけで「もういらない」って言っちゃって…。
子供特有の気になる物を手に入れたら満足、みたいな?そういう気分になっちゃって…。
それ以降、お祭りに来ても食べ物系は一切買ってもらえなくなったんだよね。
自業自得なんだけど…。

…欲しいの?
りんご飴。

なんとなく欲しそうな顔してたから。

ひと口、食べる?
すっごくおいしいよ。

遠慮しなくていいって。
足りなかったら、帰りに買えばいいだけだし。

それに、おいしい物は半分こした方がいいんだよ。

だって、おいしい物食べると幸せな気持ちになるでしょ?
大好きな人と幸せな気持ちを共有できたら、もっともーっとおいしくなる気がしない?

ってことで、お口開けて。
「あーん」してあげる。

はい。
あーん。

どう?
おいしい?

ふふ。
よかった。

…お祭り、連れてきてくれてありがとね。

なんとなくお礼が言いたくなったの。
昔の悲しい思い出が君との楽しい思い出で上書きできたから。

(内緒話してる感じで)でも、ちょっと残念に思ってるでしょ?
間接キスのチャンスだったとか思ってたの、みえみえだよ。

君の考えてることなんか、全部お見通し。
すぐ顔に出るんだもん。

だから、食べてたとこの反対側を食べさせたの。
君だけいい思いするのはズルい…。

キスとか、いろいろ…私だってしたい…。

でも、そういうのは外では禁止。
誰が見てるか分かんないんだよ?
特に、小さい子が見てたら教育上よくないでしょ。

ダメったら、ダーメ!
この続きはお家に帰ってから…ね?