けいとのシチュエーションボイス
voice:けいとのシチュエーションボイス
小鳥遊きの
voice:小鳥遊きの
えあー
voice:えあー
れおさん
voice:れおさん
びびくん。
voice:びびくん。
さとうしお《女性向けボイス》
voice:さとうしお《女性向けボイス》
Tsukasa voice
voice:Tsukasa voice
かい
voice:かい

優しいと思ってた彼氏は好きな子をいじめるちょいS彼氏だった

もうこんな時間か…。

楽しい時間って、なんでこうも早く過ぎちゃうんだろうね?
時間が全然足りない。
もっと一緒にいたいし、いろんなとこ行きたいのに…。

っていうのは、冗談。
そろそろいい時間だし、帰ろっか。

ダーメ!
大人だからっていつまでも出歩いていい時間じゃないよ。
暗いし、危ないでしょ?
送ってくから、帰ろ。
ね?

(その場から動こうとしない彼女)

どうしたの?
帰るよ?

まだ帰りたくないの?
どうしても?

んー……だとしても、もうお店どこもやってないよ。
俺たちの周りだって、人いないし…。

今日のデートは終わりにして、また明日デートしよ。
仕事終わりに待ち合わせして、飲みに行ってもいいし、買い物してもいいし…。
君のやりたいことに付き合ってあげる。

だから、帰ろ?

(イヤイヤする彼女)

じゃぁ、いいよ。
好きなだけここにいれば。

俺は先に帰るね。

バイバイ。
また明日、会社で。

(彼女を残して帰ろうとする → 彼女が後ろから抱きつく)

痛っ…!

後ろからタックルしてきたら、危ないでしょ?
相手が俺だからいいようなものの…。

ん?
何か言いたそうな顔してるけど……何?

(だま)んないで。
時間は無限じゃないの。
言いたいことあるなら、3秒以内に言って。

3…2…1…。

ふぅーん。
キスしてほしいんだ。
そしたら、素直に帰るの?

そっか…。

…ヤダ…。
普通にヤダ。

『どうして?』って、ここ外なの。
誰に見られるか分かんないんだよ?
今は誰もいないけどさ…。

そんな場所でキスなんてしたくない。

ちょっとぉー。
泣きそうな顔しないでよ。
その顔ズルい…。

……すっごくかわいい。

泣きそうになってる君の顔、初めて見たけど、めちゃくちゃ好き。
もっと泣かせたくなっちゃう。

男って、好きな子いじめるじゃん。
小さい頃から。

俺もそうでね。
大好きな子ほど、いじめたくなって仕方ないの。

だって、いじめてる時って、その間俺のことしか見てないし、考えてないでしょ?

…たまんないよね。
その子の全部を独占できるんだもん。

そうだ。
いきなりだけど、クイズしよっか。
正解したら、ここでキスしてあげる。

キスしない理由にはもう1つ理由があるんだけど、その理由は何でしょう?

ぶっぶー。
はずれ。

正解は、「一度キスしたら、その先までシたくなっちゃうから」でした。

ふふ。
今度は、真っ赤になって困った顔してる。

…困った顔もかわいい。
君は俺を(あお)る天才だね。

ごめん。
もう我慢できなくなっちゃった。

俺の家、おいでよ。
ホテル行く方が時間的には早く着くけど、チェックアウトの時間気にしなきゃいけないじゃん。
だったら、ちょっと時間かかるけど俺の家まで帰って、時間なんて気にせず、長い時間一緒に過ごす方がよくない?

君はどっちを選ぶ?
ホテル?
それとも、俺の家?

ん。
分かった。
タクシー拾って行こっか。

(耳元で)着いたら『もうイヤ!』ってくらい、いっぱいキスして、とことん愛してあげるから。
……着くまでにちゃんと覚悟しててね。