かみしろ
voice:かみしろ
天蘭-soran-
voice:天蘭-soran-
小鳥遊きの
voice:小鳥遊きの

飲み会に行く彼女に自分の香水の匂いを付けるパンダ系彼氏

(洒落しゃれ)して、どうしたの?
お出かけ?

こんな時間から?
外、真っ暗だよ?

あぁ、飲み会…。
先週言ってたやつだよね。
今日だったっけ?

…そっか。
行くのはいいけど、気を付けるんだよ。
変な人に会うかもしれないから。

俺?
俺は予定ないよ。
この後はご飯食べて、お風呂入って、寝るだけ。
なんで?

あぁ…香水ね…。

うっかり落として、体にかかっちゃったんだよね…。
シャワー浴びて、着替えたんだけど…。
まだ匂い強いか…。

残念だけど、『行ってらっしゃい』のギューとチューはやめとこっか。

だって、ギューしたら、せっかくかわいくお(洒落しゃれ)してる君の髪とか服に、香水の匂い付きかねないもん。

でも、だからって、ギューしたくないわけじゃないからね!
いつも出かける時はかかさずやってることだから、ほんとはしたいよ。

『じゃぁ、しよ』じゃなくて…。
俺の話、ちゃんと聞いてた?
今ギューしたら、確実に匂い付いちゃうよ?
それでもいいの?

…ほんとに?

じゃぁ、こっち来て。

(彼女を抱きしめる)

はい。
おしまい。

ほら。
離れて。
これ以上はダメだよ。

匂い移り、ちょっとどころじゃ済まなくなっちゃう。

(離れる気のない彼女)

……もう…。
俺が我慢してたってのに…。

(彼女を力いっぱい抱きしめる)

ん?
ダーメ。
俺が全然満足してないもん。
それに、匂いまだ付いてない。

…今日の飲み会男の人もいるんでしょ?

行かせてあげたいんだけど、行かせたくない気持ちも半分って感じでね。
君をギューってしながら、自分と戦ってるの。
「君の自由を奪っちゃダメ」って。
「やりたいことやらせてあげなきゃ」って。

…なんでちょっと嬉しそうなの?
ワガママ言ってるだけなのに…。

そりゃ、普段は言わないようにしてるからね。
ワガママ言って嫌われたくないもん。
嫌われるくらいなら、自分の気持ちを押し殺すことくらい簡単だよ。

言わなきゃダメ?
自分の気持ち。

…分かった。
なら、早速言ってもいい?

このままチューしたい。
ギューしたまま。

しても、いい?

(触れるだけのリップ音)

くれぐれも飲みすぎないようにね。

君の『大丈夫』が大丈夫だった(ため)しがないから言ってるの。

弱いくせに、調子に乗って飲み過ぎて…。
ベロベロになったら、すぐ人に抱きつくじゃん。
…この抱きつき魔!

相手が女の人ならいいけど、男の人に抱きついてたりしたら、俺怒っちゃうからね?

普段はあんまり怒らないだけで、俺だって怒ることはあるよ。

前に怒ったの?
んー……いつだろう…?
思い出せない。

でも、帰ってきた君の体から男の人の匂いがしたら、ほんとに怒るからね?

どうなるかは教えてあげない。
教えたところで、『(たい)したことない』って思われたくないし。

あっ、そろそろ時間じゃない?

(彼女と体を離す)

外暗いから、ほんとに気を付けてね。
行ってらっしゃい。