風紀委員長の彼氏はマジメなはず…?

(彼女が生徒指導室に入ってくる)

やっと来ましたか…。

先生はいませんよ。
急ぎの用件があるそうで、(貴女あなた)の指導は僕に(まか)されました。
(不服ふふく)ですか?

では、ドアを閉めて、そこの椅子に座ってください。

(ドアを閉め、椅子に座る彼女)

まず始めに聞きますが、どうしてここに呼ばれたか分かっていますか?

…そうです。
今日の服装チェックで違反があったからです。
今回の違反点は全部で5か所。

1つ目、スカートの長さ。
2つ目、ネイル。
3つ目、髪型。
4つ目、ピアス。
5つ目、メイク。

以上になります。
個性を出したい気持ちは分からなくないですが、どれもこれも、生徒手帳に記載されている禁止事項ばかり…。

新学期が始まったら、1週間以内に服装チェックがあるのは知っているでしょう?
なのに、どうしていつもいつも(貴女あなた)という人は…。

あのですね……「かわいい」か「かわいくない」かで言ってるんじゃないんです。
これは校則、決まり事なんです。
学校に通っている以上、守らなければならないんですよ。
分かってください。

(彼女が抱きついてくる)

ちょっ……抱きつかないでください!
今すぐ離れて!
誰か入ってきたら、どうするんですか!

一言も「かわいくない」なんて言ってないでしょう?
…君は僕が選んだ人なんです。
かわいいに決まってます…。

でも、それとこれとは話が別です。
今回も処分を受けてもらいます。

今回下された処分は、反省文5枚です。

ダメです。
書いてください。
僕の風紀委員長としての権力を使っても、書かずに()むことは不可能です。
クラスも名前も全部、先生に把握されてますので。
(観念かんねん)して反省文書いてください。

ふてくされても、(無駄むだ)ですよ。
僕のメッセージを忘れてた(貴女あなた)が悪いんですから。

…昨日教えましたけど…?
おやすみのメッセージの時に。
「明日、服装チェックがあるので気を付けてください」と。
そしたら、かわいいスタンプで返事してくれたじゃないですか。
『OKっ!』って。

…そうですよ。
確認してみてください。

(スマホを確認する彼女)

ね?

普通は情報のリークなんて、しちゃいけないことなんですよ。
これがバレたら、委員長の解任どころか、(内申点ないしんてん)にまで響くんですからね。
それでも(貴女あなた)にリークしているのは、こうやって反省文を書かなくて()むようにしてあげようと僕なりの優しさだったんですが…。

どうやら届いてなかったんですね…。
とても残念です…。

別に(貴女あなた)が気に()むことはありません。
今までの僕の優しさが足りなかっただけなので…。

今度からはおやすみのメッセージと翌日のおはようのメッセージの時にも伝えることにします。
それなら、忘れずに()みますよね?

次はこの部屋に呼び出されないように気を付けてくださいね。

では、反省文を…。

……どうしても書きたくないんですか?
絶対に?

それなら、明日の奉仕活動に参加しますか?
校外のゴミ集めなんですけど、(有志ゆうし)が集まらなくて…。

メンバーですか?
僕と幹部メンバーだけですね。

来てくれるんですか!?
ありがとうございます!
でも、どうしたんです?
奉仕活動も反省文書くのと同じくらい嫌いなはずなのに…。

女子がいるのは当たり前です。
幹部は男子ばかりではないので…。

あっ…。
もしかして、やきもちですか?

大丈夫ですよ。
安心してください。
(貴女あなた)が僕を思っているより何倍も一途に思ってます。

嘘じゃありませんよ。
ほんとです。

…僕を信じられませんか?

ふふ。
いい子ですね。

では、先生に反省文の代わりに明日の奉仕活動に参加する(むね)を伝えてきます。

あっ…でも……その前に…。
今直せる違反点は直しちゃいましょうか。
先生に、また見つかったら面倒なので…。

まずは、折ってるスカートを元に戻して…。
ピアスを外して…。
最後にメイクを落とす…。

メイク自体はとてもナチュラルで、よく見なければ分からないんですが…。
リップの色が、ちょっと派手で、違反と見なされたんではないかと…。
(貴女あなた)にとても似合ってる色なんですけどね。

リップだけなら、メイク落としなんか使わなくても、ある程度は落とせますよ?
こうすれば…。

(濃厚なリップ音)

…ごちそうさまでした。

ん。
いい感じに落ちましたね。

実は、(貴女あなた)がこの部屋に入ってきた時から、ずっとキスしたかったんです。

いくら風紀委員長と言っても、僕もただの男。
好きな女の子を目の前にすれば、簡単に狼になるんですよ。
分かりましたか?

…その顔、反則です。
かわいすぎて、(あお)られてるとしか思えません…。

…襲いますよ…?

っていうのは、冗談です。
そんなにビビらないでください。

とりあえず、職員室に行ってきます。
戻ってくるまでに、いつもの(貴女あなた)に戻っておいてくださいね。
じゃないと、次は何をするか分かりませんから。

…いいですね?