一条 空
voice:一条 空

恋人が異性と話していることに嫉妬した彼氏

(Aが女子社員と話してる)

A :ありがとうございます。
  それじゃ。

(AがBの方に近づいて来る)

B :なぁ。
  さっきまで何話してたんだ?

A :…びっくりしたぁ…。
  いきなり話()けてこないでよ。
  ただの仕事の話だけど?

B :仕事の話だけで、あんなに楽しそうに話すのかよ。

A :ほんとに仕事の話だって。
  最後の方は世間話だったけど…。

B :ほら、仕事の話だけじゃねぇじゃん。

A :()(あし)取らないでよ。
  何、イラついてるの?

B :別にイラついてねぇし…。

A :嘘…。
  すっごい怖い顔してるよ?

B :そんなの、気のせいだって!

A :…こっち来て。

(人気のない場所に移動する)

A :ここなら、大丈夫かな。

B :『大丈夫かな』じゃねぇよ。
  俺もお前も、まだ仕事残ってるだろ?
  早く戻らねぇと…。

A :僕が女子社員と話してるの見て、嫉妬したんでしょ?

B :はぁ!?
  俺が嫉妬!?
  あり得ねぇ…。

A :あり得ない、ねぇ…。
  じゃぁ、これ見ても何も思わない?

B :そのラッピング……あの女子の手作り?

A :正解。
  分量間違えて、作りすぎたんだって。
  僕が甘い物好きって聞いて、お(裾分すそわ)けしてくれたんだよ。

B :へ、へぇ…。
  よかったな…。

A :動揺してる?

B :そんなことねぇよ…。

A :そんなことあるよ。
  さっきから目泳ぎっぱなし。

B :うるせぇ…。

A :女の子が(から)むと途端に(弱気よわき)になるよね。
  何もないって言ってるのに…。

B :…だって、お前、元々ノンケじゃん。
  さっきみたいに女子と話してると、不安になるんだ…。
  女子にお前を取られるんじゃねぇか、とか…。
  俺より女子と付き合った方が幸せなんじゃねぇか、とか…。
  考えたくないことばっか考えて……つらい…。

A :確かに僕は元々ノンケだったよ。
  だけど、それは過去の話。
  今は違う。

B :違わねぇ。
  じゃなきゃ、あんなに楽しそうに笑ったりしねぇじゃん。

A :それは勘違いだよ。
  君と一緒にいる時だって、あれくらい笑ってるよ?

B :俺の記憶には、ねぇよ…。

A :今日は、いつになく、つっかかってくるね。
  そんなに、このクッキーが嫌?

B :嫌に決まってんだろ!

A :そっか…。
  

(クッキーをゴミ箱に入れる)

B :いいのかよ…。

A :うん。
  知らない人の手作りとか気持ち悪いじゃん?
  それに、これ持ってたら、ずっと君が嫉妬したままでしょ?

B :そんなこと…。

A :そんなことあるよ。
  君はドライに見えて、実はかなり独占欲強いからね。

B :そんなことねぇよ…。

A :そうかな?
  仕事の話をしてるだけで、女子社員に嫉妬するのに?

B :それは…。

A :女子社員から手作りクッキー貰っただけで動揺しちゃうのに?

B :あ゛ぁ゛~!
  そうだよ。独占欲強いよ。
  お前を誰にも取られたくないんだよ。

(AがBを抱きしめる)

A :大丈夫。
  大丈夫だよ。
  僕はずっと君の隣にいるよ。

B :嘘だ…。
  いつか俺の(そば)から離れるんだ…。

A :離れないよ。
  ずっと君の隣にいる。

B :絶対?

A :絶対。
  僕が嘘()いたことあった?

B :……ない。

A :でしょ?

B :でも、人の気持ちなんて、いつ変わるか分かんねぇじゃん。
  今は俺の隣にいてくれるかもしんねぇけど、明日になったら離れるかもしんねぇ
  じゃん。

A :僕の言葉が信じられない?

B :今は無理…。

A :(溜息)はぁ…。
  どうしたら信じてくれるの?

B :…キス…。

A :えっ…?

B :だから、キスしろって言ってんの!
  今っ!
  ここでっ!

A :ここ、会社だよ?
  分かってる?

B :分かってる。
  俺に信じてもらいたいなら、キスくらい簡単だろ。

A :誰か来るかもしれないよ?

B :『ここなら大丈夫』ってさっきお前が自分で言った。

A :さっきから、やけに()(あし)ばかり取ってきて…。
  今日の君は、かわいくない。

B :かわいくなくて、すみませんでした。
  …もう、いい。

A :ちょっと待って。

B :ヤ……ん…。

(濃厚なリップ音)

A :これで少しは僕のこと信じてくれた?

B :ずりぃ…。
  こんなのされたら信じるしかねぇじゃん。

A :僕には君だけだよ。
  君以外は目に入らない。
  こんなに好きになったのは君が初めてだから。

B :マジで?

A :うん。マジで。
  もっとチューしてあげようか?

B :いいっ!
  これ以上されたら、我慢できなくなるから。

A :じゃぁ、続きは夜までお預けね。
  早く仕事終わらせて、一緒に帰ろ?
  今日はお泊まりできるから。

B :ちょっ……そういうことはもっと早く言えよ…。
  さっさと仕事戻るぞ。

A :がんばって定時までに上がれたら、ご褒美もあげる。

B :嫌な予感しかしないけど、期待しとく。

A :こっち向いて?

B :ん?
  何…?

(軽く触れるだけのリップ音)

A :これから仕事がんばる(ぶん)ね。

B :いきなりキスとか驚くだろ…。
  でも……ありがと…。

A :どういたしまして。
  さっ!
  大好きな恋人の嫉妬も晴れたことだし、仕事に戻りますか!

B :なんか、結局お前の(てのひら)(ころ)がされてる気がしてなんねぇけど…。
  …今回だけは、許してやるよ。