秋の聴き流しの時間。
voice:秋の聴き流しの時間。
さとうしおASMR
voice:さとうしおASMR
熱深せいじ
voice:熱深せいじ

【R15】キスから始まる2回戦

(息切れ)はぁ…はぁ…

(濃厚なリップ音) ※ 長めにお願いします。

体、大丈夫?
無理させて、ごめん。

ここまでするつもりなかったんだけどなぁ…。
かわいい君を見てたら、抑えられなかった…。

だって、会えたの久しぶりじゃん。
嬉しくって、つい…。

ってかさ、前会ったのって、どれくらい前だっけ?
思い出せないんだけど…。

ほんとに…!?
そんなに前なの!?

そりゃ寂しかったわけだ。

ん?
ずっと寂しかったよ。
当たり前でしょ。

大好きな彼女に会えないなんて、ちょっとした(拷問ごうもん)じゃん。
早く会いたくて、さっさと仕事終わらせようとしても、次から次に手のかかる仕事ばっか(寄越よこ)してくるし…。
最近はちょっとイラついてた。

ふふ。
イラつくなんて、珍しいでしょ。
俺もびっくりした。
それだけ君に会えないことがストレスだったってこと。

というわけで、もうちょっとキスしていい?

いいじゃん。
もっと君が欲しくてたまらないんだから。
ね?

(濃厚なリップ音) ※ 長めにお願いします。

ヤバ…。
元気になっちゃった…。

仕方ないじゃん。
君とのキス好きだし、興奮しちゃうんだもん。

あと1回だけにするから。
…もう少し付き合って?

えぇー!
なんで『ヤダ』とか言っちゃうの?

さっきの、気持ちよくなかった?

気持ちよかったなら、いいじゃん。
あと1回くらい。

明日デートだから寝たいの?
どうしても寝たいの?

このまま寝るとか、イヤなんだけど…。
あと1回したい…。

あっ!
背中向けて寝ようとしないでよ!

俺をほったらかして、先に寝るとかあり得ないでしょ。
起きてって!
ねぇ!ねぇ!

うるさくさせてるのは、君のせいだもん。
あと1回付き合ってくれたら、こんなにうるさくしないもん。

『はい、はい』って……さっきから、そればっかだし…。
俺の話、適当に聞き流さないでよ…。

あっそ…。
そういう態度取るんだね。

……俺、怒ったから。

こっち向いて。
いいからっ!

(濃厚なリップ音) ※ 長めにお願いします。

このまま大人しく寝かせてもらえると思った?
そんなわけないでしょ。
せめて、あと3回は付き合ってもらわないと…。

(濃厚なリップ音) ※ 長めにお願いします。

ん?
あと1回……って言った?

(とぼけた感じで)え?
ほんとに?
俺、さっきまで言ってた?
最近、忘れっぽくて、もう覚えてない。

ってかさ、気持ちよければ、1回だろうが、3回だろうが、同じことでしょ。
回数なんか関係ない。

(濃厚なリップ音)

キス、うまくなったよね。

最初の頃は、中学生みたいなキスしかしてこなかったのに…。
今じゃ、こんなエッチぃキスできるようになったし…。

(触れるだけのリップ音)

ん?
あぁ…そっか…。
俺が、教えたんだっけ…。

(触れるだけのリップ音)

あの頃は、こんなにエッチくなると思わなかったなぁ。
だって、出会った頃の君って、超まじめで、エッチぃのに拒否反応してたし。
『キスしたら赤ちゃんできちゃうからヤダ』って言われた時は、どうしようかと思ったけど。
それが、いつしか俺好みのエッチぃ彼女になってくれて、すっごく嬉しい。

(触れるだけのリップ音)

イヤなの?
エッチぃの。

でもさ、そう言ってる割に、気持ちいいって顔してるよ?

ダーメ。
隠さないで。
どんどん(とろ)けていく君の顔見るの、好きだから。

ほら、舌出して。
俺の舌に絡めて。
もっともっと深いキスがしたい。

(濃厚なリップ音) ※ 長めにお願いします。

あーぁ…。
完全にデキ上がっちゃった。

体が(うず)いて仕方ないんでしょ?

そういう時は何て言うんだっけ?
教えたよね?

ふふ。
よく言えました。

(耳元で)めちゃくちゃかわいくおねだりしてくれたから、さっきよりも、もっと元気になっちゃった。

嬉しそうな顔しちゃって…。
あぁ…もう我慢できない…。

明日のデートはまた今度にしよ。
今は俺の熱を全部受け止めて。

(濃厚なリップ音) ※ キスしながらフェードアウトしてください。