身長差がほとんどないことを気にしてる彼女にハイヒールをプレゼントする彼氏

【玄関扉の開閉音】

(溜息)はぁ…。
ただいまー。

(荷物を置く)

あぁ…足パンパン…。
久しぶりにあんなに歩いたかも…。

(ソファーに座る)

疲れたぁ…。

荷物は、あとで一緒に片付けよ。
今は少し休もうよ?
君だって、いっぱい歩いて疲れたでしょ?

こっち、おいで。

なんで俺の隣?
君の指定席はここでしょ。
俺の膝の上。

重くないし、休めなくもないから。
隣に座られる方がヤダ。

ね?
おいで。

(彼女が膝の上に座る)

(彼女を抱きしめる)

今日は1日お疲れ様。
いい買い物たくさんできてよかったね。

…でもさ、なんで靴買わなかったの?

気になってたんでしょ?
あの新作のやつ。

気付いてたよ。
ずっとそれしか見てなかったじゃん。

買えばよかったのに…。
絶対君に似合ってた。

そんなことなくないよ。
俺が似合ってるって言ったもので、ハズれたことあった?

でしょ。
大好きな彼女をかわいくするのは彼氏の役目だからね。

気に入ったならその時買わないとなくなっちゃうよ。
(大袈裟おおげさ)とかそういうのじゃなくて、ほんとに。

あぁいうのは人と同じで、出会いが大切なの。
次お店行ったらなくなってて、もう2度と出会えないかもしれないし…。
そうなった時、後悔しないって言える?

ほんとに?

我慢しなくていいんだよ。
ほんとは今も欲しくてたまらないんでしょ?

もぅ…。
なんで我慢するようなことしたの?

(相槌数回打つ)

…そっか。
身長のこと気にしてたんだ。

バカっ!
そんなこと気にして欲しい物買わないなんて!

(再度、彼女を抱きしめる)

…でも、ありがと。
君のそういう優しいところ、大好きだよ。

(彼女から身を離す)

あの靴、ヒール高そうだったもんね。
履いたら俺と同じくらいになるかな?

それがイヤなの?

えぇー!?
俺はいいと思うけどなぁ。

手繋ぎやすいし、歩くペース同じくらいになるし…。
なにより、キスしやすい!
これ、1番大事なことね。

(彼女から抱きしめてくる)

ん?
どうしたの?
君から抱きしめてくれるなんて。

『ありがとう』なんてお礼言われること、何もしてないよ。

うん。
いいよ。
ヒールのある靴履いてよ。

ずっと我慢してたんでしょ。

気にしてるんだろうなぁとは思ってたんだけど、言い出すタイミングなくって…。
長い間我慢させちゃってごめんね。

身長差があろうがなかろうが、君のことが大好きなことに変わりないから。

これからは何も気にしないで。
君の好きな靴を履いて、いっぱいお洒落して、デートしよ。
『どうだ!俺の彼女、めちゃくちゃかわいいだろ!』って自慢させてよ。
ね?

ん。
約束。

(触れるだけのリップ音)

今日気になってた靴、明日一緒に買いに行こ?
プレゼントさせてよ。

『ヤダ』って、なんで?

へぇー。
靴をプレゼントするのっていい意味じゃないんだ。
調べてみてもいい?

(スマホを取り出して検索する)

靴…プレゼント…意味…検索っと。

あっ、ほんとだ。
『別れよう』とか『自分の元から去ってください』って意味があるんだ…。
ごめん。
こういうのに(うと)くて…。

別に、別れたいとか俺の元から去ってほしいとか、思ってないからね。
ただ単純に君にプレゼントしたいだけ。
深い意味はないから。

ほんと?
いいの?

じゃぁ、明日仕事終わったら迎えに行くね。

やったっ!
平日の仕事終わりにデートとか、楽しみすぎるんだけど。

絶対残業しないから。
期待してて。

その靴履いて、いっぱいお洒落してデートしようね。
次のデート、楽しみにしてる。