Aito Channel
voice:Aito Channel

ホワイトデーのお返しは全身マッサージ

もう寝る?
じゃぁ、一緒に寝よっか。

久しぶりにいいじゃん。
最近ずっとすれ違いの生活だったんだし。
ね?

ふふ。
ほら、ベッド行こ。

(寝室に移動)

いい匂いでしょ。
君の好きなアロマ()いてみたんだ。

ベッドにうつ伏せになって(寝転ねころ)んで。
いいから、早く。

今日は日頃の感謝を込めて、マッサージしてあげる。
リラックスして。

まずは肩からね。
いくよ。

…硬っ!

カチカチじゃん。
こんなに()ってて頭痛くなってない?

『少し…』って…。
どうせ痛み止め飲んで乗り切ろうとか思ってたんでしょ。

えっ…マジで…?
冗談のつもりで言ったんだけど、ほんとなの?

もう…。
そういうことしてると体悪くしちゃうんだからね。
無理はダメっ!
絶対だからね?

(彼女の肩を揉んでいく)

ほんと、硬いなぁ…。
俺が下手にマッサージして筋肉痛めるよりも、整体行って体の(ゆが)みとか直してもらった方がいいよ。
1人で行くのが不安なら、俺も一緒に行くし。

一緒がいいの?
んー……じゃぁ、次の週末とかどう?
予定()いてる?
なら、一緒に行こ。

次、背中いくよ。

背中は肩ほどじゃないかな…。
でも、()り固まってるね。

…今更だけど、力加減大丈夫?
強すぎて痛かったりしてない?

痛かったら言ってね。

(彼女の背中を揉んでいく)

ねぇ…さっきから甘い声出てるんだけど…。

気持ちよく感じてくれてるのは嬉しいけど、甘い声出すのはダメ。
少しは声出すの我慢して。
じゃないと、もうしてあげないよ?

…ったく、もう。

腰はもうおしまい。
足、マッサージするからね。

すっごい(浮腫むく)み…。
こんなに(浮腫むく)んでると、足だるかったんじゃない?

だよね…。
痛いと思うけど、我慢してね。

うぉっ!
あっぶな…。
もう少しで君の蹴りをくらうところだったじゃん!

『痛いと思う』ってあらかじめ言っておいたでしょ。
痛い思いする覚悟くらいしておいて。

ほら、ジタバタしないの。
もう1回やるよ。
次は痛くないように少し力弱めるから。

…いくよ。

どう?
(いた)気持ちいいくらい?

じゃぁ、これくらいの力加減でマッサージしていくね。

…いつもお仕事お疲れ様。
家のことも(まか)せっきりでごめん。

まさかこんなに君の体が悲鳴あげてるなんて知らなかった。
つらい思いしてても薬飲んで我慢してるってことも、初めて聞かされたし…。
そこまでして、なんで俺に隠してたの?
そんなに俺頼りない?

『心配かけたくなかった』?

こういうこと、時間()ってから聞かされる方が余計に心配になるよ…。
お願いだから、今度からはつらいと思ったらすぐ言って。
マッサージでも、買い物でも、家事でも…。
俺にできることなら、なんでもするから。

ね?
約束だよ?

じゃぁ、(仰向あおむ)けになって。

最後は、手ね。
この日のために買っておいた新しいハンドクリームつけてあげる。

最近人気のハンドクリームなんだよ。
すごく保湿に優れてるらしくって、ひどい手荒れにも効果あるって(くち)コミに書いてた。
マッサージしながらだとより効果があるんだって。

始めていくね。

アルコール消毒とか手洗いとかで、少し手荒れしてるね。
ちゃんとハンドケアしてる?

…だよね。
いつも『あとで』って言うから、きちんとケアしてないと思った。
綺麗な手なんだから、ちゃんとケアしてあげないと。

俺ね、君の手、好きなんだよ。

この手でいろんなことしてくれるじゃん。
毎日おいしいご飯作ってくれたり、いっぱいギューって抱きしめてくれたり…。
君の手にはいつも癒されてばかり…。

ほんとにありがと。
感謝してもしきれないよ。

あっ!
いいこと思いついた。

ハンドケアは俺が毎日してあげる。

いいの、いいの。
やらせて?
少しでも君に触れたいし、癒してあげたいから。

ね?
いいでしょ。

…やった。
俺、がんばちゃうからね。

さてと……少しは体、楽になった?
これくらいのことなら俺でもできるから、いつでも言って。
いっぱい気持ちよくしてあげるね。

あれ?
気持ちよくなって眠くなってきたかな?
目がトロンってしてる。
いい感じにリラックスさせられたみたいでよかった。

いいよ。
そのまま寝ちゃって。

おやすみ。
いい夢見てね。