Zakuro
voice:Zakuro
ふたたび るびぃ
voice:ふたたび るびぃ
【女性向け】三日月【ASMR】
voice:【女性向け】三日月【ASMR】
ややっこ。
voice:ややっこ。
もふお
voice:もふお

年末の多忙で体調を崩した彼女を看病する彼氏

掃除終わったし、買い物も終わった。
あとは年明けを待つだけっ!

(溜息)はぁ…。
ほんと12月って、あっという間に過ぎるよね。
仕事でバタバタして、家でも掃除やら買い物やらでバタバタして…。
落ち着く暇がないって感じ。

でも、やっと解放されるーっ!
この解放感、めちゃくちゃ好き。

…あれ?
なんか顔赤くない?

いや、いや。
勘違いじゃないよ。
絶対赤い。

こっちおいで。
ヤダじゃないよ。
ほら、おいでってば。

もうっ!
君が来ないなら、俺から行くしっ!

…捕まえたっ!

おでこ、触るよ?
どれどれ…。

(彼女のおでこに触れる)

あっつ…。
熱出てるじゃん。

年末の疲れが一気に出ちゃったのかな。
ベッド、行こ。
休まなきゃ。

こらっ!
『まだやることが…』じゃないでしょ。
熱が出てるんだよ。
休まないでどうするの?

(あと)のことは俺がやるから。
君は大人しくベッドで寝てて。

そもそも、がんばりすぎなの。
何でも自分1人でやろうとするの、君のいいところでもあるけど、悪いところでもあるよ。
少しは俺のことも頼ってよ。
君ほど家事うまくはないけど、多少はできるからさ…。

で、さっき言ってた”やること”って何?
年越し蕎麦?
それくらいなら俺にもできるよ。
任せて。

でも、年越し蕎麦食べられる?
熱出始めたから食欲ないんじゃない?

あんまりない、か…。
じゃぁ、作ったら少しだけ持ってくよ。
どうしても食べたいんでしょ?

分かるよ。
どれだけ一緒にいると思ってるの?
付き合いの長さは伊達じゃないんだからね。

ほら、これ以上悪くなる前にベッドに行こ。
早く寝た方がいいよ。

(ベッドルームに移動する)

お布団、ちゃんと被って。

何か欲しい物ある?
今ならまだお店開いてるから買いに行ってくるよ。

ん。
分かった。
あとで買いに行ってくるね。

今は君が寝付くまでそばにいるよ。
ちゃんと君が寝るの、見守ってからじゃないと俺も心配だからね。
どうせ大人しくなんて寝ないつもりでしょ?

『そんなことない』って、ほんとかな?

俺が家を()けた(途端とたん)にお布団から抜け出しそうだもん。
…違う?

ふふ。
君の考えくらいお見通しだよ。
分かりやすいんだもん。

だから、ちゃんと君が寝たのを確認してから買い物行ってくるよ。

もうおしゃべりはおしまい。
寝ないと治るものも治らないよ。

(つむ)って。
寝るまで手(つな)いでてあげるから。

ん?
『ごめんね』って何に謝ってるの?
謝るようなことしてないでしょ。
むしろ俺の方が謝らないといけないよ…。

仕事ばっかりで、君に家のことを任せっきりで…。
俺がやったことと言えば、高いところの掃除くらい…。

俺の分もがんばってくれたから、体調崩しちゃったんだし、(もと)(辿たど)れば俺が全部悪いんだよ。
君は何も悪くない。

全然お()びにならないけど……君の世話、俺にさせてくれない?
ほんとは、少し体動かすのだって(つら)いんでしょ。
俺にできることなら何でもするから言ってよ。

それに、ずっと仕事忙しくて、2人きりの時間も持てなかったじゃん。
年末年始はお互い仕事休みだし、ゆっくり過ごそ?
イチャイチャしよ?
…ね?

やったっ!
なんにしても、熱下げないと始まらないよね。
じゃないと、いろいろ年始にできないから…。

あれ?
なに想像したの?
うわぁ…エッチぃ…。

ふふ。
怒る元気があるなら、すぐ熱も下がるかな。

ちゃんとそばにいるから安心して寝ていいよ。

おやすみ。
早く元気になってね。

(触れるだけのリップ音)