ねむりのくにASMRチャンネル
voice:ねむりのくにASMRチャンネル
みたらしうにに【ボイスch】
voice:みたらしうにに【ボイスch】

朝の布団の中が大変なことになっているのに、勝手に潜り込んできた幼馴染に説教する

【スマホのアラーム音】

ん…。
……うるさい…。

(アラームを止める)

(寝息) ※ 少し長めにお願いします。

(幼馴染が寝ている自分の上に乗ってくる)

…重い。
どいて。

いいじゃん。
まだ時間あるでしょ?

あと5分だけ…。
5分したら、ちゃんと起きるから。

ね?
お願い。

…ありがと。

(寝息)

……ん?

ちょっ……ちょっと!
何、勝手に人の布団に潜り込んでるわけ?

『あったかそう』って…。

ダぁーメ!
いくらあったかそうでも、布団に潜り込んじゃダメ。
女の子が男の布団に潜り込んでもいいことないんだから。

(小声で)むしろ、危ないって…。

ん?
何も言ってないよ。

いいから、さっさと布団から出てって。
ほら、早くっ!

…ったく、もう。
びっくりして目覚めちゃったし…。

次こんなことしたら、何されても文句言えないんだからね?
分かった?

(溜息)はぁ…。
『何のこと?』みたいな顔するのやめてよ…。

あのね、女の子がむやみやたらに男の布団に潜り込んだら危ないの。

『なんで?』って…。
勝手に布団に潜り込んだら、”エッチぃことしてもいい”って男は思っちゃうわけ。
そんなことされたくないでしょ?
イヤだって抵抗しても、女の子が男に力で(かな)うはずないんだし、『勝手に布団に潜り込んだ君が悪いんだから』って言われたら、それまでなんだからね。

いい?
分かった?

ちなみに、相手が俺だとしても、絶対にやっちゃダメだからね。
俺も、そういうことしたいって思ってるかもしれないよ?

一応、健全な男子だから…。
エッチぃことしたくないかと言われたら、したいわけで…。
女の子に興味あるお年頃だし…。

って、何言わせてんの!?
バカっ!

もういいでしょ。
分かったら、さっさと下行ってて。

二度寝しないよ。
絶対しない。

今は布団から出られないの。
ちょっとした男の事情ってやつ。

これは、分かんなくていいから。
男にしか分かんないことだから、女の子である君が知る必要はないの。

ほら、早く部屋から出て行って。
着替えて、すぐ行くから。
ね?

【部屋のドアが閉まる音】

(長めの溜息)はぁ…。
危なかったぁ…。

もう少しでバレるところだった…。

朝だから、仕方ないんだけど…。
こんな状態になってるの、アイツに知られるわけにはいかねーだろ…。

【部屋のドアが開く音】

えっ!?
ドア開ける時はノックしてっていつも言ってるでしょ!

それで、何?

言いたいことがあるんでしょ?
その顔は。

……はぁ!?
ちょっ、待っ…。

【部屋のドアが閉まる音】

『俺ならいいよ』って…。
何言ってんだよ、アイツ…。

襲いたいのを理性で抑え込んでた俺の優しさ、分かってねーな…。

次潜り込んできたら絶対に襲ってやる…。
俺も男だってこと、分からせてやらないと…。