ゲーム中でしか素直に言えない猫系彼氏

ん?
何?

今?
暇だけど、暇じゃない。

いやいや、意味分かんなくないっしょ。
暇だから動画見てるの。
十分暇じゃない理由じゃん?

今見てるのはね、おすすめに出てきた動画。
ちょっと気になったから見てるだけ。

で、何の用事?
何もないのに、俺のこと呼んだりしないでしょ?

『一緒にゲームがしたい』?

ふぅーん。
珍しいじゃん。
普段全然ゲームなんかしないのに…。

どんなジャンルのゲームがしたいの?
俺が持ってるのなら、すぐできるよ。

2人プレイなら、アクション系かな…?

…『愛してるゲーム』?

……パス。
そんなつまんないゲーム、やりたくない。

動画の続き見るから、邪魔しないでね。

(彼女が邪魔をしてくる)

…邪魔しないでってば!
「やりたくない」って言ったじゃん。

だって、愛してるゲームなんて、合コンとか陽キャが集まった時にやるようなゲームだよ?
そういうの、俺が嫌いって知ってるのに、なんで『やりたい』なんて言ったの?

俺に対する嫌がらせ?

別に、負けるのがイヤってわけじゃないし。
そのゲーム自体が嫌いってだけだし。

(ちょい怒り気味に)…へぇ。
()めたこと言ってくれるじゃん。

…分かった。
そこまで言われたら、ゲームに付き合ってあげる。

せっかくだから、負けたら罰ゲームってルールでやろうよ。
どんな罰ゲームにするかは今は内緒にして。

その方がスリルあって、楽しいじゃん?

先攻・後攻はどうする?
普通にじゃんけん?

OK。
じゃぁ……じゃんけんぽん。

俺の勝ち。
先手必勝の先攻!

当たり前じゃん。
くだらないことはサッサと終わらせるに限るの。

ほら。
隣じゃなくて、俺の足の間に座って。
向かい合うように。

…俺の目、ちゃんと見てて?
いくよ?

(愛してるゲーム、スタート)

愛してるよ。

愛してなきゃ、一緒にいるわけないじゃん。

『どれくらい』って言われても、そんなの分かんない。
考えたことなかったし…。

ん゛ー、そうだなぁ…。
もし、君の命に危険が迫ってたら、俺の命なんかいくらでも差し出しちゃうくらいには愛してる…かな?
それだけ君のことが大事で、愛してるってこと。

うん。
ほんとに。

俺の人生で最後に愛するのが君でよかった。

(愛してるゲーム、終わり)

はい。
俺の勝ち。

だって、今めっちゃ照れたじゃん。
顔真っ赤なままだし。

ゲームは、これでおしまい。
満足したでしょ?

罰ゲームは夜に発表するから。
それまでソワソワして待ってて。

はぁ!?
今更もう1回「愛してる」とか、無理。

さっきはゲーム中だったから言えただけ。
何もない状態で「愛してるよ」なんて、恥ずかしくて言えるわけないよ。

無理ったら、無理!

ってか、こんなの俺が罰ゲーム受けてるみたいじゃん。
ゲームには勝ったのに…。

…もう、うるさい。

(触れるだけのキス)

俺がこういうことするのも、したいと思うのも、君だけだから。
不安に思わなくても大丈夫。

(耳元で)…愛してるよ。
俺の未来のお嫁さん。