榛颯優希(はるかぜゆうき) ASMRvoice
voice:榛颯優希(はるかぜゆうき) ASMRvoice
みたらしうにに【女性向けボイスch】
voice:みたらしうにに【女性向けボイスch】
sakusui
voice:sakusui

俺だけを見てて

(楽屋に戻ってきた2人)

A:はぁ…。
  疲れた…。
  リハーサル長すぎ…。

  ねぇ、ねぇ!
  マネージャー!

  俺のこと、ちゃんと見ててくれた?

B:疲れたって、まだリハーサルだろ?

  マネージャー……俺のことも見ててくれた?

A:マネージャーは、今俺と話してんの。
  勝手に入ってくんな!

  ってか、お前、クソ(真面目まじめ)にやりすぎ。
  リハーサルなんて、適当にやっときゃいいのに…。

  お前に付き合わされて、何度も同じ確認作業させられるこっちの身にもなれよ。

B:そんなこと言ってるから、本番で間違えるんだろ。

A:はぁ!?
  俺がいつ間違えたってんだよ!

B:この間の音楽番組の収録。
  サビ手前のところ、立ち位置間違ってただろ。

A:あぁ……あれはアドリブ。
  めちゃくちゃカメラ()えしたから結果オーライじゃね?

B:そういうアドリブ、入れんなよ。
  周りが迷惑すんだよ。

A:はいはい。
  すみませんでしたー。

  あの方が絶対かっこいいのに、文句ばっか…。
  マジだりぃ…。

B:今度からもう少し(真面目まじめ)に仕事しろよ。
  練習もだけど…。

A:それなら俺も言わせてもらうけど、お前だって、振りつけちゃんと覚えろよ。
  新曲の振り、いっつも同じとこでワンテンポ遅れてんじゃん。

B:あれは…。

A:『あれは…』何?
  言い訳あるなら、聞いてやるけど?

B:そういう上からの言い方、やめれば?
  性格、(わる)…。

A:勝手に話変えんなよ!

  別に性格悪いのなんて、ファンの前で出さなきゃいいだけだし。
  猫(かぶ)るの得意だから、お前と違って余裕なの。

B:そんなことやってたら、いつかボロが出るんだからな。
  週刊誌にネタ提供しないように、せいぜい気を付けろよ。

(マネージャーが仲裁してくる)

B:あっ……ごめん。
  マネージャー…。

  喧嘩したくてしてるわけじゃなくて…。
  ってか、これは喧嘩じゃなくて…。

  ……そう!
  反省会してるだけ。
  お互いの悪い部分を言い合ってるんだよ。
  だから、喧嘩じゃない。
  安心して。

A:言い訳、見苦しいぞ。

B:うるさい…。
  いちいち、つっかかってくんな。

A:あっ!マネージャー。
  ハンガーにかかってるの、今日の衣装?

  着てみてもいい?

B:やめとけって。

  お前の場合、本番直前に着た方がいいだろ。
  すぐ汚すんだから。

A:衣装、汚したりしたことないし。

B:ひと月前の収録の時。
  たしか、あの時は……カフェオレだったか?
  手滑らせて、(盛大せいだい)に汚して、いろんな人に迷惑かけまくっただろ。

  もう忘れたっての?
  これだから、バカはイヤなんだよ…。

A:誰が『バカ』だって?
  お前、喧嘩売ってんだろ?

B:事実を言ったまでだけど?

(再度マネージャーが仲裁に入る)

A:今のは、俺悪くないもん。
  悪いのはアイツだし。

  それよりも、今日の収録って、何時まで?

  そのあとのスケジュールは?

  えっ!?
  マジ!?
  これで、今日の仕事終わりなの!?
  やったぁーっ!!

  じゃぁさ、久しぶりにご飯行こうよ!
  2人で。

  おいしいイタリアンのお店見つけたんだ。

  ね……行こ?

B:それなら、俺との約束が先じゃない?
  昨日和食のおいしいとこに行きたいって言ってたじゃん。

  行きつけのとこ、いつ予約してもいいように()けてくれてるって言ってた。
  早速、今日とか時間あるなら、どう?

A:あのさ、さっきから割り込んでくるけど、何?
  先に話してんのは俺の方なの。

B:でも、先に約束してたのは俺な。
  今日いきなりご飯誘ってるお前とは違うんだよ。

A:お前って、いっつも俺の邪魔ばっかするよな。

B:それはお前だって同じことだろ。

(番組スタッフが呼びに来る)

A:(2人同時に)はーい。
B:(2人同時に)はーい。

A:さてと、衣装着て準備するか。

  マネージャー、ちょっとだけ後ろ向いててもらっていい?
  着替え見られるの、恥ずかしいから…。

B:そんなのいつもなら気にしないくせに。

  マネージャーは知らないと思うけど、コイツ、衣装さんが女性でも堂々と着替えて
  るんだよ。
  パンツ一丁になってね。

A:別にいいだろ。
  衣装さんたちは、それが仕事なんだから。

  マネージャーは違うじゃん。

B:はいはい。
  そういうことにしといてやるよ。

  ごめん。
  俺も着替えるから、後ろ向いといてね。

(2人が着替える)

A:準備できたっ!
 
  見て!見て!
  どうかな?
  俺、かっこいい?

B:(棒読みで)かっこいい、かっこいい。

A:お前には言ってないっ!

  えっ?
  ボタン(はず)れてる?

  どこ?どこ?

  …ありがと。

B:衣装くらい自分できちんと着ろよ。
  子供か…。

A:聞こえてるからな?

B:聞こえるように言っただけ。

  俺は、大丈夫でしょ?
  マネージャー。

  そこんとこは、『大丈夫だよ』じゃなくて『かっこいいよ』って言ってほしいな。

A:(たい)してかっこいいって思われてないってことだろ。

B:お前よりはかっこいいと思われてるはず。

A:勝手に言ってろ。

  (溜息)はぁ…。
  本番めんどくさいけど、行ってくるか…。

  振り、遅れんなよ。

B:お前も、アドリブで立ち位置変えんなよ。

A:(気に入らない感じで2人同時に)フンッ!
B:(気に入らない感じで2人同時に)フンッ!

A:マネージャー。
  俺のダンスで心(鷲掴わしづか)みにしてあげる。

B:俺の歌声で魅了してあげる。

A:(2人同時に)だから、俺だけを見ててね。
B:(2人同時に)だから、俺だけを見ててね。