小鳥遊きの
voice:小鳥遊きの
【女性向け】三日月【ASMR】
voice:【女性向け】三日月【ASMR】
翠sui
voice:翠sui
天蘭-soran-
voice:天蘭-soran-

ギリギリ間に合ったバレンタイン告白

(背伸びする感じで)ん゛ん゛…。
やっと、終わったぁ…。

先輩、ありがとうございました。
こんな遅い時間まで付き合ってもらって…。

俺がもっと要領よく仕事できれば、先輩に迷惑をかけなくてすんだのに…。
すみませんでした。
あとのことは俺に任せて、先輩は先に帰ってください。

隠してるみたいだけど、バレてますからね。
足元の小さな紙袋。

中身、チョコでしょ?
急げば今日中に渡せますよ。

いやいや。
『もういいの』じゃないですよ。

夜遅いけど、まだバレンタイン。
自分の気持ちを伝えるチャンスを(のが)す気ですか?

後悔しますよ?
絶対に。
『あの時告白してれば…』ってね。

やらないで後悔するより、やって後悔しましょうよ。

もし、うまくいかなかったら、明日2人で飲み会しましょ?
ヤケ酒、とことん付き合いますから。

うまくいっても、飲み会しましょうね。
その時は祝杯になりますけど。

ほら。
グダグダしないで、急いで。急いで。
荷物、パパッとまとめちゃってください。

それで全部ですか?
忘れ物ないですね?
じゃぁ、いってらっしゃい。

(先輩がチョコが入った紙袋を差し出してくる)

えっ……何?
このチョコ…俺に…?
嘘だ…。

だって、先輩の気になる人って年上の人でしょ?

俺、聞いちゃったんですよ。
ちょっと前に、先輩たちが恋バナしてるの。

その時、先輩は『包容力があって、経済力があって、優しい年上がタイプ』って言ってました。

年下の俺は、どんなにがんばっても先輩の理想に(かす)りもしない。
だから、諦めたんですよ。
先輩に自分の気持ち伝えるの。

どんなに思ってても、彼氏として先輩の隣には立てない。
だったら、ただの後輩のままでいようって、無理矢理自分を納得させたんです。
そうすれば、仕事の時だけは先輩の1番近くにいられるから。

迷惑なわけないじゃないですかっ!
すっごく嬉しいです。

でも、なんで、あんなこと言ったりしたんですか?

『恥ずかしかった』?

へぇー。
先輩でも恥ずかしいって思うことあるんですね。

…なんかかわいい…。

先輩……1つだけ、確認してもいいですか?

ほんとに俺が彼氏でいいんですか?

自分で言うのもなんですけど、独占欲強いし、ワガママだし、気まぐれだし…。
俺が女だったら、絶対彼氏にはしたくないタイプですもん…。

今なら、『やっぱ、ナシ!』って言ってもいいですよ。

いいんですね?
後悔しませんね?

……ありがとうございます。

あの…抱きしめたら、ダメですか…?
どうしても抱きしめたくて…。
ほんの少しでいいので…。

(先輩を抱きしめる)

俺も、先輩のことが好きです。
大好きです。
誰よりも幸せにするって約束します。

(先輩と体を離す)

あっ!
時間!
すっかり忘れてた!

終電大丈夫ですか?

あぁ…やっぱり…。
俺の方も終わってます…。

タクシーで帰るにしても、かなりの金額いっちゃうしなぁ…。

……先輩さえよければ、どこか泊まりませんか?
もう少し一緒にいたくて…。

…なーんてね。
今のは冗談です。
いきなりこんなこと言ったら、体目当てみたいですよね。

すみません。
忘れてください。

えっ……ほんとに…?

行くっ!
行きますっ!

すぐ帰る準備するんで、ちょっと待っててください!

(数秒で帰る準備する)

よしっ!
できたっ!
お待たせしました。

じゃぁ……行きましょうか…。

せっかくだし、手、繋ぎます?

へへ。
先輩と手繋いじゃった。

…夢みたい。

(以下、耳元で)これから、先輩のこと、いっぱい教えてくださいね。
俺のことも、いろいろ教えますから。