犬系彼氏はご褒美が欲しい

すみません、先輩。
今、忙しいですか?

この書類、確認してもらいたいんですけど…。

(※ 以下、小声で)

うん。
(まか)された仕事、もうできちゃった。

すごくない?
俺もびっくりしてる。
ほんとに、やればできる子だったみたい。

えらい?えらい?

褒めてくれてもいいよ。

んふふ。
()でてもらえて、嬉しい。

えぇー!?
これをいつもやるとか……絶対無理っ!
だって、今日がんばれてるのは、今朝やる気を充電させてもらえたから。
だから、めちゃくちゃ仕事できる”無敵”モードになってるの。

『今日の俺がかっこいい』…?
ほんとに?

これくらい仕事できる方がいい?
もっと好きになってくれる?

ん゛ん゛……ご褒美も、何もないのに毎日やる気出すのは…なぁ…。
でも、もっと好きになってもらいたいし…。

せめて、()いた時間でいいから、チューとか、ギューとか、してくれない?
人の来ない……そうだなぁ…資料室とかで…。
ちょっとでいいからご褒美欲しい…。

何もなくてがんばるなんて……できなくないけど…やる気が、ね…。
ご褒美貰える方が、めちゃくちゃやる気出るっ!
だって、ご褒美欲しいもん。

あっ!
ご褒美で思い出した。
書類とは別に、渡したい物があるの、すっかり忘れてた。

ある意味、書類よりも大事な物かな。

はい、これ。
気になってたお菓子。

しーっ!
声が大きいよ。

さっき、こっそり外に出て買ってきたの。
これ、最後の1個だった。

喜んでもらえてよかった。
君も朝からすっごくお仕事がんばってるから。
あんまり無理しないでね。
すぐ(こん)詰めすぎちゃうんだもん。

ほんとに、違うって言える?
『もうちょっと』って言いながら、家に仕事持ち帰って徹夜したこと今まで何回あった?

1回や2回なわけないじゃん。
数えきれないほどだよ。
10回までは数えてたけど、それより上はもう数えるのやめちゃった。

責任感強いのも、仕事が好きなのも理解してるよ。
そんな君が好きなんだもん。
でもね、限度を超えてまでやらないで。
心配しちゃうから。

ね?
約束だよ?

ところでさ……がんばったご褒美は?
()でてくれただけ?
それだけ?

ほっぺに軽くチューしてくれていいんだよ。
ここんとこに、チュって。
それなら周りにバレないし。

えぇー!?
してくれないのー!?

ご褒美あったら、もっと、もーっとがんばれるんだけどなぁ…。

痛っ!
調子に乗って、ごめんなさい…。 (※ 小声ここまで)

確認ありがとうございました。
大丈夫でした?

よかった…。
じゃぁ、俺はこれで…。

(耳元で、拗ねた感じで)これからもっとがんばって、君より早く仕事終わらせてやる。
その分、今夜いっぱいご褒美(強請ねだ)るから、覚悟しててね。