ツンツン彼氏は酔わないと素直になれない

(※ 酔った感じでお願いします)

たっだいまー!
今帰ったよー!

(彼女が玄関にやってくる)

へへ。
ただいまー。

んー。
会いたかったー。

(彼女を抱きしめる)

あれ?
いい匂いがする…。

お風呂入ったの?

えぇー!?
一緒に入りたかったのに…。

いいじゃん。
たまには一緒に入ったって。
…ケチぃ。

仕方ないから、いい匂いの君を(堪能たんのう)することで許してあげる。

(彼女にスリスリする)

なんで離れようとするの?

お酒臭い?

だって、仕方ないじゃん。
会食だったんだもん。

ほんのちょーっとだけ、お酒飲んじゃった。
んーとね…ビール、日本酒、焼酎も少々…。

…あれ?
結構飲んでたっぽい?

ヤダ!ヤダ!
離れないで。
今度からはこんなに飲まないようにするから。
ね?

(彼女を抱きしめる)

ほんとは行きたくなかったんだよ?
君との貴重な時間を()かなきゃいけないから…。

でも、先方からの指名だから仕方なくて…。
会食に行かなくて、これからの仕事に影響出たら、俺クビだよ?
そうなったら、君と一緒になるのも遅らせなきゃいけなくなるじゃん…。
それだけは避けたかったから、我慢して行ってきたの。

ふふ。
びっくりした顔してる。

そうだよ。
一緒になるの。
今すぐってわけにはいかないけど、いつか…ね…。

考えてないようで、ちゃんと考えてるの。
えらいでしょ?

ん?
あぁ…この間『結婚なんか興味ねぇーよ』って言ったやつ?

あの時はごめんね。
きつい言い方して、傷つけて…。

いろいろ1人で考えてるっていうの、気付かれたくなかったんだよ。
なんとなく恥ずかしくてさ…。

実は、君が買ってる結婚雑誌、こっそり読んでるんだ。

知らなかったでしょ。
ちょっとずつだけど、俺なりに一緒になるための準備してるんだよ。

一緒に準備したかったの?
んー…それは無理かな…。

普段の俺見れば分かることじゃん?
お酒の力を借りないと素直になれないような奴だよ?

ほんとはお酒の力借りなくても、いっぱい甘えたいし、イチャイチャしたい。
頭の中が君でいっぱいなくらい、めちゃくちゃ好き。

あっ……言っちゃった…。

やっぱ、今のナシっ!
今言ったこと、忘れてっ!
記憶から抹消してっ!
恥ずかしい…。

『ヤダ』って…。
意地悪…。

まぁ、いっか。
いつかはバレることだったし。

君のことは地球で……いや、宇宙で1番大好き。
誰にも渡したくないし、渡さない。
俺と別れたいって言っても別れてあげない。
それくらい大好きだよ。

えっ……どこが好きか、言わなきゃダメ?

…どうしても言わなきゃダメ?
1回しか言わないからね。

んとねー、いい匂いするところが好き。
ご飯の匂いだったり、ボディーソープとかシャンプーの匂いだったり。
いつ抱きついても、いい匂いがするから、ずっとそばにいたくなる。

あと、なんだかんだ甘いところが好き。
こんなに酔っ払ってても、ちゃんと世話してくれるし。
『次はないよ』って何度も聞いたけど、本気で怒らないし。

悪いと思ってるよ。
思ってるけど、ついつい甘えちゃってる。
ごめんね。

それから、いつも俺を見ててくれるところが好き。
ちょっと凹んでたり、調子悪かったりしたら、さりげなく気遣ってくれる。
ただそばにいてくれたり、消化がよくて栄養のある物作ってくれたり…。
大したことじゃないんだけど、それがすごく嬉しい。

……酔っ払ってても恥ずかしいね…。
普段言わないことだから…。
恥ずかしい思いしたから平気かと思ったけど、そうでもないかも…。

んー、もう…。
嬉しそうな顔しちゃって…。

その顔に弱いの知っててやってるでしょ?

今回限りだからね。
こんなこと言うの。

でもね、俺にとって、君はもう人生の一部なの。
君なしじゃいられない。
ほんとに。

だから、あと少しだけ待ってて。
ちゃんとケジメつけるから。

いっぱい待たせてばかりでごめんね。
こんなめんどくさい俺と一緒にいてくれてありがと。

…大好きだよ。