ふたたび るびぃ
voice:ふたたび るびぃ

春はあけぼの

ん……何時…?

まだ全然寝れるじゃん…。
もうちょっと寝よっと…。

(布団にもぐり直す)

あっ……ごめん。
起こした?

おはよ。
もう少し寝てていいよ。
起きるには早すぎるから。

春になって、暖かくなったとは言っても朝は冷え込むね。

こっちおいで。
くっついて寝よ。
その方が温かいから。

(彼女を抱きしめる)

ふふ。
温かいね。

あっ……日の出の時間かな。
カーテンの隙間から太陽の光が差し込んできてる。

俺、夜が明けようとするこの時間、好き。
なんか綺麗じゃない?

高校の頃は、毎朝、今くらいの時間に起きてたんだ。
部活の朝練があったから。

(ねむ)い目を(こす)りながらベッドから起きて、外見るじゃん。
そしたら、だんだん空が白くなって、(山際やまぎわ)がちょっとずつ明るくなってるでしょ。
まるで空が『今から夜が明けるよー』って言ってるみたいでね。
すっごく綺麗だったんだ。

それからかな。
朝を感じられる今くらいの時間が好きになったのは。

まぁ、今は(惰眠だみん)(むさぼ)ってるから、起きる頃には完全に明るいんだけどね。

しかも、この時間の空って、いろんな色が混ざり合ってて、まるでパレットみたいなんだよ。
いつも見てるただの風景なのに、1枚の絵みたいなの。
だからって、毎日同じ空かっていうとちょっとずつ違ってて。
『今日の空が1番綺麗だ』って思っても、次の日の方がもっと綺麗って感じたりするしね。
そこが奥深いっていうか…。

分かってくれる?
ほんとに?

うわぁ…嬉しい…。
今までバカにされることしかなかったから、共感してもらえてめちゃくちゃ嬉しい。

あとね、雲も綺麗なんだよ。

普通、雲って白色じゃん?
でも、この時間だけは光の加減で雲が淡い紫に染まって見えるのが、すっごく幻想的でね。
横に長く漂ってる景色とか、めちゃくちゃ綺麗なんだよ。

朝のほんの(わず)かな時間しか楽しめないけど、そこがまた(はかな)いというか…。

あっ……ごめん。
寝れなくなっちゃったよね。
もう少し寝ようとか言いながら、俺が勝手に語り出したから。
ほんとごめんね。
俺、先起きてるから、君はゆっくり寝てていいよ。

起きちゃうの?
いいけど、眠くない?
大丈夫?

一緒に朝の空が見たいの?

…いいよ。
じゃぁ、コーヒー()れて、一緒に見よ?

今日はきっと今までのどの空よりも綺麗なはずだよ。
だって、君と一緒に見れるからに決まってるじゃん。

でも、君の方がずっとずーっと綺麗だからね。