れおさん
voice:れおさん

初体験は唐突に…

【チャイムの音】

【玄関の開閉音】

いらっしゃい。
あがって。

飲み物、紅茶でいい?

了解。
()れていくから、適当に座って、先始めてて。

はぁ!?
『終わっちゃった』って、どういうこと?
この間『一緒にやろうね』って約束したじゃん。

(キッチンから彼女の隣に移動する)

ここ、おいで。

分かるでしょ?
(膝ポンポンしながら)俺の膝の上。
向かい合うように座って。

どういうことなのか、ちゃんと説明して。
この間は『全然分かんなくて終わらないー!』って言ってたじゃん。
あれ、嘘だったってこと?

嘘じゃないなら、なんで1人で終わらせることができたの?

『俺に教えようと思った』?

……約束した時に俺は終わったって言わなかったっけ?

(溜息)はぁ…。
バレる嘘()くの、もうやめよ。

どうして1人でやっちゃったの?

怒らないって約束する。
だから、話して。
お願い。

(相槌数回打つ)

『時間を作りたかった』って……もしかして、前に俺が『初めての時は時間をかけたい』って言ったの覚えててくれたの?

……ヤバイ。
めちゃくちゃ嬉しい…。

そりゃ、俺だって男だもん。
早く終わらせられたら…、とか少しは期待してたけど、まさか丸1日時間が取れるなんて思わないじゃん。
理性がどっか行っちゃいそう…。

(濃厚なリップ音)

ごめん…。
抑えられない…。

もう1回、キスしていい?

(濃厚なリップ音) ※ 少し長めにお願いします。

……お風呂、行ってくる。
ちょっとだけ、待ってて。

(少し間を開ける)

お待たせ。

どこ行くの?
君はお風呂入らなくていいの。

(耳元で)お風呂入ってきてくれたんでしょ。

さっき抱きしめた時に体からはボディーソープの匂い、髪からはシャンプーの匂いがしたから。

全然、はしたなくないよ。
俺と同じ気持ちでいてくれたってことが嬉しいの。
好きなら、相手とそういうことしたいって思うのは、ごく自然なことだからね。

(彼女を抱きしめる)

もっと君のことが知りたい。
いろんな君を見たい。

君は…どう思ってる?

…いいよ。
俺の全部、教えてあげる。

(濃厚なリップ音)

(ベッドに押し倒す)

やめるなら今のうちだよ?

ほんとにいいの?
怖いとか、苦しいとか、痛いとか…。
そういう思い、いっぱいするけど大丈夫?

『覚悟決めてきた』って…。

ふふ。
君って、たまにすごくかっこいいこと言うね。

(彼女を抱きしめる)

君の覚悟、受け取ったよ。

なるべく痛くないようにするから。
でも、どうしても我慢できなくなったら、俺の顔殴って。

『イヤ』じゃないの。
そうでもしないと、止められないんだよ。
どんなに優しい男も、興奮したら猛獣になっちゃうの。
”男は狼”って言うでしょ。

俺?
ん…まぁ……俺もそうだね…。

こんな俺でも…受け入れてくれる?

…ありがとう。大好きだよ。

(濃厚なリップ音) ※ キスのままフェードアウトしてください。