ひょん
voice:ひょん
ぴろう女性向けボイスチャンネル
voice:ぴろう女性向けボイスチャンネル
エッスンYouTube
voice:エッスンYouTube
ふたたび るびぃ
voice:ふたたび るびぃ

僅かな彼女の変化を見つけて優しく慰める彼氏

【インターホンの音】
【ドアを開ける】

いらっしゃい。
あがって。

【ドアを閉める】

久しぶりだね。
2週間ぶりくらいだっけ?
お互い仕事が忙しくなって、うまく時間合わせられなくて…。

元気してた?
前よりちょっと痩せた感じする。
忙しいからってご飯抜いたりしてない?
君、元々細いんだから、これ以上細くなったら倒れちゃうから気を付けてね。

俺?
俺は元気だったよ。
寝る暇もないくらい忙しかったけどね。
それも昨日ようやく終わって。
やっとゆっくり休める時間がとれたよ。

お茶淹れるから、適当に座ってて。

確か、君は紅茶好きだったよね。
ハーブティーとかも飲める?
じゃぁ、とっておきのハーブティー淹れるね。

(かしこまった感じで)
お待たせしました。
こちら、カモミールティーでございます。

なんちゃって。
執事っぽかった?
こういうの一度やってみたかったんだ。

少しだけ蜂蜜入れてるからほんのり甘いと思うよ。
熱いから舌、火傷しないようにね。

どう?
おいしい?

よかったぁ…。
カモミールティーにはリラックス効果があるんだって。

あのさ……俺の勘違いだったらごめんね。
なんだか、君が辛い思い抱え込んでるように思えて。
無理して笑ってるように感じてね。

仕事で何かあったんじゃない?
ここには俺と君しかいない。
他に誰もいないから、全部吐き出していいよ?

(数度相槌をうつ)

辛かったね。
いっぱい泣いていいよ。
それだけ辛い思いしたんだもん。

きっと君のことだから『泣いたら負け』とか思ってずっと我慢してきたんでしょ?
そりゃ、ずっと君の隣で君を一番近くから見てきたんだもん。
それくらい分かるよ。

俺は知ってるよ。
ずっと君ががんばってたのを知ってる。
他の誰よりもがんばってたのを知ってる。

仕事が終わって休んだにもかかわらず、目の下にメイクでも隠しきれてないクマが残ってる。
顔が、表情が、仕草が、君を構成してる全てがいつもの君じゃない。
『まだ君は疲れてるよ』って、『もう少し休ませてあげて』って、君の体が俺に教えてくれてる。

君は俺に心配させないように隠してたのかもしれない。
けどね、隠されるのは悲しいんだよ?
俺のこと信じてくれてないのかなって。
会えないことよりも、君の体調が悪くなる方が俺は辛い。

彼女の体調を心配して、お世話できるのは彼氏の特権じゃない?
特権を俺から奪わないで?

俺の前では強がらないで。
俺の前では弱い君を見せてよ。
ありのままの君を全部俺は受け止めるから。
どんな君も俺は大好きだよ。

今はいっぱい泣いていいよ。
君が泣けるのは俺の前だけなんだから。
辛い思いを涙にしていっぱい流してしまおうね。

(間を開ける)

いっぱい泣いたね。
せっかくかわいくメイクして来てくれたのに、泣かせちゃってごめんね。
全部涙で流れちゃったね。

少しはスッキリした?
それなら、よかった。

久々に君の心からの笑顔見れた気がする。
やっぱり君にはその笑顔が一番だね。
俺、君のその笑顔が一番好き。

ねぇ。
今日の残りの時間は家でまったり二人きりで過ごそうよ。
明日も休みだよね?
それなら、今夜は泊って?
ずっと会えなかったから、一分でも一秒でも長く君と一緒にいたい。
さっきはあんなかっこいいこと言ったけど、君とずっと会えなくて、さすがに俺も今回は辛かったんだから。
ここ数日は毎日君を夢に見たくらい、君がほしくてたまらないんだ。
だから、もうしばらくは君を俺の腕の中に閉じ込めさせて。