人気者な彼女の新たな一面を知って萌える彼氏

久しぶりの遊園地、楽しいね。

次、何に並ぶ?
もう1回ジェットコースター?
それとも、観覧車とかにする?

…え?
俺が決めていいの?

じゃぁ、おばけ屋敷がいい。
この遊園地のおばけ屋敷、有名なんだよ。
ずっと行きたいなぁって思ってたんだけど、機会がなくてさ…。
早く行こ!

(列に並んでいる)

中、どんな感じなんだろ?
めちゃくちゃ楽しみだねっ!

……どうしたの?
テンション、下がってない?

だって、ジェットコースター乗る時のテンションとあまりにも違いすぎるからさ…。
もしかして、おばけが怖いとか?

『そんなことない』?
ほんとに?

顔、引きつってるよ。
ほんとは怖いのに、無理してるんじゃない?

……無理してないならいいけど…。
あっ、順番来たね。
中、暗いみたいだから、手(つな)いで行こ。

(いざおばけ屋敷の中へ)

真っ暗で全然見えないね…。

ゆっくり進んで行こっか。

少しずつ目が慣れてきたかも…。
へぇー。すっごいリアルに作ってある。
本物みたい。

……あのさ、おばけ、ほんとは怖いんでしょ?

もう嘘()かないで。
ほんとのこと言ってよ。

じゃぁ、どうして入る時は手(つな)いでただけなのに、真っ暗になった瞬間からすっごい力で俺の腕にしがみついてるの?
別に、おばけが怖いからって、嫌いになったりしないよ?
むしろ、普段とのギャップがありすぎて、めちゃくちゃかわいい。

(なに)(なん)でも認めることはないんだね。

それならさ、俺の腕から離れてよ。
君がしがみついてると、歩きにくいんだって。
怖くないなら、1人でも歩けるでしょ。

声震わせて『ヤダ』とか…。
もう、かわいすぎだし…。

いつもは(文武両道ぶんぶりょうどう)でみんなの注目の(まと)の君が、(じつ)はおばけ屋敷が苦手とか、意外すぎてヤバいって。
こんな君を知ったら、もっと注目されちゃうかもね。
まぁ、そんなことさせないけど。

当たり前でしょ。
誰にも教えるつもりないよ。
なんで教えてあげなきゃいけないの?
俺だけが知ってればいいの。

ねぇ。
ちょっと顔、上にあげて?
これから、俺が君におまじないをしてあげる。
怖さが一時的に(やわ)らぐおまじない。
絶対とは言えないけど、少しくらいは()くと思うよ。

(触れるだけのリップ音)

どう?
少しは怖くなくなった?

『変わらない』か…。
残念…。

さてと、ずっとここにいるわけにもいかないし、ゆっくり出口に向かおっか。
怖いなら、外に出るまで下向いてて。
その方が前向いてるよりは怖くないはずだから。

あと、真っ暗だから、ちゃんとくっついててね。
大丈夫。
こんなに暗いんだもん。
君のかわいい姿は誰にも見えないよ。

…俺以外はね。