小鳥遊きの
voice:小鳥遊きの
さとうしお
voice:さとうしお

突然の展開に驚きつつも全力で喜ぶ年下カフェ店員

(店の中に声を掛けるように)お疲れ様でした。
お先に失礼します。

 (店の裏手で彼女が待っている)

あれ?
どうしたんすか?

いつもの待ち合わせ場所で何かありました?

 (彼女:「うぅん。君のこと、待ってた」)

『俺のこと待ってた』?

(溜息)はぁ…。
(少し怒って)俺のこと待ってるなら、店の中にいてくださいよ。
危ないじゃないっすか。

 (彼女:「…怒んないでよ」)

怒るのは、当たり前っす。
店の(裏手うらて)の薄暗くて(人気ひとけ)のないようなとこで待ってるなんて…。
もしものことがあったら、どうするんすか?

……俺、イヤっすからね?
俺の知らないとこで、お姉さんが襲われるとか…。

 (彼女:「でも、お店にいたら逆に片付けの邪魔になんない?」)

お姉さんが店にいて、邪魔なわけないじゃないっすか。

できることなら、ずっとそばにいてほしいくらいなんすよ?

 (彼女:「…ごめん」)

謝るなら、約束してください。
今度から待ち合わせ場所以外で俺のこと待つなら、店の中で待つって。
そしたら、許してあげます。

 (彼女:「…うん。約束する」)

ほんとっすよ?
約束しましたからね?

 (彼女:「うん」)

じゃぁ、帰りましょうか。

 (彼女:「いつもごめんね。遠回りさせて…」)

ちょっと遠回りするくらい、いいんすよ。
気にしないでください。
夜遅くに女性を1人で帰すなんてことできないっすから。

(無言のまましばらく歩く2人)

…そういや、なんで今日は待ち合わせ場所じゃなくて、店の(裏手うらて)で待ってたんすか?
俺を待つだけなら、待ち合わせ場所でもいいっすよね?

 (彼女:「なんとなく、かな…」)

『なんとなく』?
そんな理由だったら、待ち合わせ場所で待っててくださいよ。

 (彼女:黙ったまま難しい顔をしている)

(彼女の様子を察して)ほんとは『なんとなく』なんて微妙な理由じゃなくて、ちゃんとした理由があるんじゃないんすか?

 (彼女:「なんでそう思ったの?」)

『なんで?』って言われても、お姉さんの雰囲気とか声のトーンとかが(意味深いみしん)っぽかったんで…。

 (彼女:「…大事な話があるの」)

大事な話…?

あっ!
分かった!
ストーカーの件で何かあったんじゃないっすか?
そうでしょ?

 (彼女:「うぅん。違う」)

…違うんすか…。
んー、じゃぁ何だろう?
全然想像つかないや…。

ちなみに、それって、いい話?
それとも、悪い話?

 (彼女:「いい話だよ」)

『いい話』?

ん゛ん゛……ダメだ…さっぱり分かんない…。

なんすか?
いい話って。

 (彼女:「これからも、君と一緒にいたいなって思ってて…」)

うん。
俺もお姉さんと一緒にいたいって思ってますよ。

 (彼女:「そうじゃなくて!」)

ん?
そうじゃないってどういうこと?

俺、なんか勘違いしてます?

 (彼女:「だから…その……君のことが好き、です…」)

(間抜けな声で)へっ…?
好き…?俺のこと…?

嘘?
マジ?

ヤバい…。
どうしよう…。

いい話すぎて、正直信じらんない…。

 (彼女:「そこは信じてよ!!」)

だって、俺のこと好きって感じ、全然なかったじゃないっすか。

 (彼女:「年上で好き好きオーラ出してたらダサいじゃん?だから、大人の余裕出してたの」)

そんなとこで、大人の余裕とかいらないんすよ。
『好き!』ってオーラ、もっと出しまくってガツガツきてほしかったっす。

…でも、ありがと。
お姉さん。
俺のこと、好きになってくれて。

すっごい嬉しいっす。

あの……いきなりなんすけど、ワガママ言ってもいいっすか?

…お姉さんの家に帰るの、ちょっとだけ遠回りしたいんすけど…。

 (彼女:「デートしたいんでしょ?」)

な、なんで分かったんすか?
デートしたいって…。

 (彼女:「顔に書いてるよ」)

『顔に書いてる』?

えぇー…。
マジっすか?

 (彼女:「うん。お店とは全然違う」)

普段表に出さない分、お姉さんの前だと出やすいのかもしれないっす。
彼女の特権っすね。

ふふ。
お姉さん、顔真っ赤。

 (彼女:「揶揄わないでよ」)

(揶揄からか)ってないっすよ。
ほんとのことっすから。

ってか、さっきまでの大人の余裕、なくなってますよ。

今のお姉さん、超かわいい。

 (彼女:「嫌いになった?」)

こんなことで嫌いになるわけないじゃないっすか。
むしろ、さっきよりも好きになってる。
今まで知らなかった一面が見れて、どんどん好きになってくのが止まんないっす。

俺の全てを()けて、世界中の誰よりも幸せにするんで、ずっと一緒にいてくださいね。

……大好きっす。