素直な彼女のせいでシャワー前に襲っちゃう夏系彼氏

ただいま。
遅くなってごめん。

もっと早く帰れるはずだったんだけど、同期のヤツが悪酔いしてさ…。
少しも目が離せないような状態だったから、連絡もできなくて、こんな時間に…。

 (彼女:「…別にいいって。気にしてないから」)

『別にいい』って言う割に、『めちゃくちゃ気になりますっ!』ってオーラ、ダダ漏れてんだけど…?

 (彼女:「それは勘違いです…」)

お前、マジで分かりやすすぎ。
視線とか、声のトーンとかで今何思ってるか(筒抜つつぬ)けてんだって。

 (彼女:「……」)

安心しろ。
同期のヤツ、男だから。

 (彼女:「…ほんとに?」)

ほんと、ほんと。

なんなら、俺の匂い嗅いでみる?
汗臭いかもしんないけど…。

 (彼女:彼の匂いを嗅ぐ)

ちょっ……匂い嗅ぎすぎ。
なんか恥ずかしくなってきた…。

もういいだろ?
離れろよ。

で、どう?
疑いは晴れた?

 (彼女:「うん。女の人の匂いしなかった」)

な?
お前がいるのに、他の女なんか目に入んないって。

俺にはお前だけで十分。

さてと、風呂にでも入ってくるか。
その後で、お前のこといっぱい構ってやるから、ちょっとだけ待ってろ。

 (彼女:『構わなくていい』)

『構わなくていい』…?
なんで?
さっきから『早く構って!』って顔してるのに…。

 (彼女:「そんなことない!」)

そんなことなくないから言ってんの。

まぁ、いいや。
シャワーでサッと汗だけ流してくる。
で、お前を構った後にまた風呂に入ればいいじゃん?
一緒にさ。

どうせ汗とかいろんなのでドロドロになるんだし。

 (彼女:恥ずかしくて彼氏を叩く)

痛いって…。
叩くな、バカ。

いい加減にしろ。

うわっ…!!

(体勢を崩して彼女が上に覆い被さる)

いってぇー……大丈夫か?
頭打ったりしてない?

ん。
お前が無事なら、それでいい。

…なぁ。
いつまで乗っかってんの?
どいてくんない?
このままじゃ、風呂に入れない。

おい。
首に回してる腕、離せって。

はぁ!?
このまま!?

それは無理。
さすがに俺が気にする。

そりゃ、匂いとか、いろいろ気にすることがあると言うか、なんと言うか…。
とにかく、シャワーだけ浴びさせてくれよ。

…それも待てないわけ?

(溜息)はぁ…。
お前、変わったよな。
付き合い始めた頃はそんなんじゃなかったじゃん。
大人しくて、エッチぃこととは無縁っつーか…。

今は全然違う。
エッチぃことに従順で『待て』もできない、風呂に入る前の俺の匂いが好きなド変態。

 (彼女:「違うもん…」)

違わなくないだろ?
俺の匂い嗅ぎながら欲情したくせに。

……いいよ。
お前の願い、叶えてやる。

その代わり、手加減してもらえるなんて思うなよ?
俺も結構溜まってるから。

優しくできなかったら、ごめんな…。

(濃厚なリップ音:省略可)※ キスしたままフェードアウトしてください。