新年会のいろんなイヤなことを彼女と一緒にお風呂に入ることで流してしまおうとする秋系彼氏

ただいま帰りました。

遅くなってしまって、すみません。
部長に2次会に誘われてしまって…。
(合間あいま)を見て連絡しようとしたんですが、なかなか席を離れらず…。

本当に申し訳ないです…。

 (彼女:「お疲れ様。今、お水持ってくるね」)

いいですよ。
水なら、自分で取りに行きますから。

 (彼女:「いいから、いいから」)

…じゃぁ、お言葉に甘えて。

ありがとうございます。
いただきます。

(水をひと口飲む)

(しみじみと)…はぁ……生き返る…。

…ん?
どうしました?
私の顔に何か付いてますか?

(シャツに口紅が付いているのを指摘される)

これは、違うんです…!
新年会を理由に浮気してたとかそういうのじゃなくて、2次会がそういう店だっただけで…。

もしかしなくても、匂いも付いてますか?

 (彼女:無言で頷く)

なんか、もう……(かさ)(がさ)ねすみません。
先にシャワー浴びて、いろんなもの流してきます。
匂いとか、触られた感触とか…。

 (彼女:「綺麗なお姉さんのお店、イヤだったの?」)

そりゃイヤに決まってます。
何もなかったとはいえ、(貴女あなた)以外が相手なんて…。

なので、風呂に入って全部流した後に、(貴女あなた)で上書きさせてください。
私の1番は(貴女あなた)なんですから。

 (彼女:「…ほんとに?」)

ほんとの、ほんとに(貴女あなた)が1番です。

んー……『どこがいいのか』と言われても、いっぱいありすぎて困りますけど…。
また今度、時間がある時にゆっくり教えてあげますね。

 (彼女:「今、教えて!」)

今がいいんですか?

……じゃぁ、今から一緒に風呂に入りましょ。
そこで、(貴女あなた)のどこがいいのか教えてあげます。

 (彼女:「…ヤダ」)

あれ?
今、知りたいんですよね?
だったら、拒否したらダメなことくらい分かりますよね?

さぁ!
風呂場に向かいますよ。

 (彼女:「ヤダ!」)

(溜息)はぁ…。
…仕方ありませんね…。

よいしょっと…。

(彼女をお姫様抱っこする)

お姫様抱っこしたまま風呂場まで連れて行きますから、ジッとしててくださいね。

 (彼女:「下ろして!」)

暴れないで。
危ないですよ。

『下ろして』と言われて下ろすバカはいません。
ましてや、相手が自分の好きな人なら尚更。

それに、下ろしたら逃げるでしょ?
(貴女あなた)の行動は把握してますから。
絶対に、このまま風呂場まで連れていきます。

 (彼女:「エッチぃことはしないでね?」)

『エッチぃこと』ですか?

なるべくしないように気を付けます。
ですが、こればっかりは私1人の問題ではないので。

(耳元で)(貴女あなた)が私を(あお)らなければ…の話ですから。

はいはい。
文句をどんなに言っても一緒に風呂に入ることは決定事項ですよ。

さぁ、(観念かんねん)して一緒に風呂に入りましょうね。

(風呂場に向かう足音)