彼女が我慢できなくなるように仕向ける策士な彼氏

ねぇ。
今、仕事忙しい?

1分だけ、俺に時間くれない?

別に何か用事があるってわけじゃないんだけどさ……「ちょっとだけ目(つむ)ってくれないかなぁ?」と思って…。

イタズラしようとか考えてないよ。
ほんとに何もしない。
(つむ)ってる姿を見るだけ。

ね?
お願い。
ちょっとだけ、目(つむ)って?

(目を瞑る彼女)

(少し間を開ける)

ありがと。
もう目開けていいよ。

ね?
言った通り、何もしなかったでしょ?

だって、ただ目を(つむ)ってほしかっただけだもん。

…どうしたの?
不服そうな顔して…。
何かしてほしかったの?

あっ!
分かった!

(耳元で)…もしかして、キスしてもらえると思った?

(意地悪そうに)当たり?当たり?

ふふ。
『違う!』って言うわりに、動揺してるし、顔真っ赤になってるけど?

思わせぶりなこと言って期待させて、ごめんね。
ほんとにそういうつもりなくて…。

これ以上ここにいたら邪魔になるだろうし、俺、部屋に戻ってるよ。
終わったら、声掛けて。

じゃぁ、仕事の続きがんばって。

(彼女が服を掴んでくる)

あの……服、(つか)まないでくれる?
部屋戻れないし、服伸びちゃう。
(くち)があるんだから、言いたいことあるなら言って。

…『()らさないで』って、キスのこと?

してほしいなら、お願いの仕方ってもんがあるでしょ?

(彼女、『キスして』とお願いする)

違う。
そうじゃない。

「キスしてください。お願いします」
これが言えれば、キスしてあげる。
ほら、簡単でしょ?

(彼女、再度お願いする)

はい、ダメぇー。

ただ言えたらいいってもんじゃないじゃん。
そんな棒読みなお願い、かわいさの(欠片かけら)もない。

自分のお願い聞いてほしいなら、ちゃんと誠意を見せたお願いしてくれなきゃ。
じゃないと、キスしてあげないよ?

(彼女、がんばってお願いする)

ん。
よく言えました。

(触れるだけのキス)

これでいい?

えぇー!?
なんでダメなの?
ちゃんとキスしてあげたじゃん。

ふふ。
『1回じゃ足りない』か…。

そんなに俺とのキスが好きなの?
もっともーっとしたいの?

いいよ。
いーっぱいキスしてあげる。

(濃厚なキス)※ 長めにお願いします。

あーぁ……キスひとつでこんなにトロトロになっちゃって…。
まぁ、こんなにエッチくなるように調教したのは俺なんだけど…。

エッチぃ子、嫌いじゃないよ。
そもそも嫌いだったら、俺好みに(しつ)けたりしないでしょ?

出会った頃のエッチくなかった君も、今の俺好みのエッチくなった君も、どっちも大好きだよ。

ん。
ありがと。

(触れるだけのキス)

…続きはベッドでしよっか。
素直になったご褒美に、理性も何もかもぶっ壊れるまで愛してあげる。