自分の気持ちが全然伝わってなくてちょっとオコな犬系彼氏

ん?
どうしたの?

今?
やらなきゃいけないことはあるけど、急ぎじゃないから大丈夫だよ。

で、何か用?

『愛してるよゲーム』?
それって、照れずに「愛してるよ」って言ったり、言われたりする、アレ?

今するの?

まぁ……いいよ。
じゃぁ、俺の足の間に座って。
向かい合うように。

(彼女を抱きしめる)

…捕まえた…。
ゲームなんかやめて、このままイチャイチャしない…?

この距離で近くにいるのなんて、久しぶりじゃん?
こういう触れ合いも全然なかったし。

普通に我慢できないんだけど…。

えぇー!
ゲーム終わるまでお預けなの?

絶対に?
マジで?

(拗ねた感じで)さっさと終わらせてやる。

せっかくのゲームだし、何か賭ける?

ふぅーん。
今夜の主導権、ね…。

珍しいじゃん。
エッチぃことを賭けの景品にするなんて。

もちろん、俺はいいよ。
けど、君は困らない?

『なんで?』って、俺が勝つって決まってるから。
今までだって、ずっとそうだったじゃん。
賭け事してゲームした結果、俺の全戦全勝。
今日も負ける気なんか全然しないし…。

それでもいいの?

分かった。
先攻・後攻はどうやって決める?
いつも通り、じゃんけん?

OK。
最初はグーね。

いくよ?

最初はグー。
じゃんけんぽんっ!

よしっ!
俺の勝ち。

(意地悪っぽく)どうしよっかなぁ?
たしか、愛してるよゲームって、先攻の方が有利だったし、やっぱ先攻かなぁ?

(彼女の様子を伺いつつ)いい加減、俺に勝ちたい?
どうしても勝ちたい?

だったら、先攻あげる。
俺からの宣戦布告。
「勝てるもんなら、勝ってみな」ってね。

ではでは、どうぞ。

(彼女「愛してる」)

ほんとに?

(彼女「ほんとに愛してる」)

どれくらい?

(彼女「世界で一番愛してる」)

「愛してる」のあとに、俺の名前呼んで。

(彼女「愛してる、〇〇」)

もう1回。

(彼女「愛してる、〇〇」)

もう1回。

(彼女「愛してる、〇〇」)

まだ足りない。
もっと。

(彼女、照れる)

はい。
負けぇー。

耳まで真っ赤。
超かわいいんだけど。
今すぐ食べちゃいたい。

意地悪じゃないって。
そもそも、照れちゃダメってルールなのに、照れた君が悪い。

ってことで、今夜の主導権は俺のものね。

はぁ!?
俺もやるの?
ゲーム、終わったのに?

(溜息)はぁ…。
…いいよ。

じゃぁ、ちゃんと目見ててね?

(彼の愛してるゲーム、スタート)

愛してるよ。

(彼女「ほんとに?」)

ほんとに、愛してる。

(彼女「どれくらい?」)

…さっきから俺がした質問ばっかじゃん。
ズルくない?

まぁ、いいけど…。

どれくらい、か…。
ん゛ー……世界で1番…いや、宇宙で1番愛してるよ。

(彼女「ほんとに宇宙で1番愛してるの?」)

うん。
ほんとに愛してる。

今はまだだけど、いつか結婚したいくらい愛してる。

(彼女、動揺する)
(愛してるゲーム、終わり)

はい、負けぇー。
さっきより真っ赤になって、何、動揺してんの?

あぁ…「結婚したいくらいには」ってヤツ?
ほんとだよ。

いつかは君と結婚したいと思ってる。
プロポーズする時まで内緒にしとくつもりだったんだけど……言っちゃった。

俺が毎日「好き」って言ってるのに、君に全然伝わってなかったから。
だから、(自棄やけ)になって、ね…。

ってか、いつまでこの距離でお預け食らってればいいの?
いい加減イチャイチャしたいんだけど…。
これ以上我慢させられたら、優しくできる自信ないよ?

2回連続で俺が勝ったんだし、夜まで待たなくていいよね?
今すぐ抱いてもいいよね?

どれだけ俺が君のことが好きか、ちゃんと分かるまで体にとことん教え込んで、分からせてあげる。
だから、覚悟して…。

…愛してるよ。

(濃厚なキス)※ キスしたままフェードアウトしてください。