えあー
voice:えあー
天沢しぃ汰夜の部
voice:天沢しぃ汰夜の部
小鳥遊きの
voice:小鳥遊きの
ぐにゃー
voice:ぐにゃー
Leo ASMR / れおさん
voice:Leo ASMR / れおさん

ダブルルームの誘惑

(ホテルの部屋に入る)

(溜息)はぁ…。
疲れた…。
もうクタクタ…。

(ベッドに倒れ込む)

それにしても、びっくりだよね。
会社のミスでダブル1部屋とか…。

最初から2人で出張って分かってるんだから、普通に考えてシングル2部屋取るでしょ。
取れなかったら、別のホテル取るとか、やり方はいくらでもあるのに…。
何、考えてるんだか…。

とりあえず、この部屋は君が使って。
俺はひと休みしたら、近くのホテル行ってくる。
いくつか回れば、一部屋くらい()きあると思うし。

いいって。
俺のことは気にせず、ゆっくり休んで。
今日1日緊張の連続で、かなり疲れたでしょ?

強がらなくていいよ。
『疲れた…』って顔に書いてる。

いっぱいがんばってくれた部下に、これ以上無理はさせられないからね。

『でも…』も『だって…』もナシ。
ホテルの予約に関しては会社のミス。
会社に戻ったら、俺からちゃんと言っとくから。
君が悪いと思う必要はないんだよ。

ほら。
いつまでも入口で突っ立ってないで、こっちおいでよ。

(彼女が近くにくる)

今日は、ほんとにお疲れ様。
急な出張についてきてもらって、ごめんね。

でも、君のおかげでうまくまとまったよ。
ありがとう。

(謙遜けんそん)()が過ぎると(嫌味いやみ)になるっていつも言ってるでしょ?
がんばったんだから、素直に褒められなさい。

ん。
いい子。

それにしても、なんだか変な感じだね。

だってさ、平日の夜にホテルの部屋で2人きり…。
なんだか、週末のお泊りデートみたいだなって…。

(耳元で)このままいろいろシたくなっちゃうね…。

なーんて。
冗談。
疲れてるのに、そんなことしないよ。

さてと…そろそろ、行ってこようかな。

『どこへ?』って、さっき言ったでしょ。
ホテルの()き探し。

荷物持って歩きたくないから、ちょっとの間ここに置かせて。
見つかったら荷物取りに来るね。

(言い聞かせる感じで)あのね…そもそも、俺たちはここに何しに来たの?

そう。
仕事。

分かってるのに、なんで『泊まらないの?』なんて言ったの?
好き合ってる2人が1つのベッドで寝たら、どうなるか…。
子供じゃないんだから分かるよね?

明日もまだ仕事なんだよ?
そうじゃなくても、君は慣れない出張で体力的にも精神的にも疲れてる。
今日は1人で寝なさい。
いいね?

じゃぁ、行ってきます。

うわっ…!

(彼女が腕を引っ張ってベッドに押し倒す)

ちょっ…いきなり腕引っ張ったら…。

(彼女からのキス攻撃)※ 少し長めにお願いします。

…今のキス、どういうつもり?
答え(次第しだい)では怒るよ?

(怒ってる感じの溜息)はぁ…。

せっかく仕事が終わるまで我慢しようって思ってたのに…。
俺なりの優しさ、返して。

意地悪じゃないよ。
今すぐにでも抱き潰したいって気持ち、必死で抑えてたんだから…。
今のキスで全部パァだよ。

(濃厚なリップ音)

もう行く必要ないでしょ。
君が誘ってくれたんだもん。
俺もこの部屋に泊まる。

その代わり、声我慢してね。
壁薄いから、ちょっとでも大きい声出したら隣の人に聞かれちゃうよ。

聞かれたいなら、別だけど…。

はいはい。
(しゃべ)りは、おしまい。

今日はいつもより乱れさせてあげる。
誘ってくれたお礼ってことで……ね…。

(濃厚なリップ音)※ キスのままフェードアウトしてください。